【イリノイ州】第3回フレンドシップ・ギャザリング
3RD ANNUAL RAGGEDY FRIENDSHIP GATHERING IN ARCOLA

top
こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko!

今年6月3日(金)/4日(土)に開催された、第3回目になるアルコラでのラガディ•フレンドシップギャザリング。あなたにこのブログでお知らせするたびに、私の参加は、今回は正直断念かなぁ…と思っていたのです。

Honestly, I had given up an idea of attending the 3rd annual Friendship Gathering help on June 3rd and 4th this year even when I was writing about it in my blog.

まずは、抜けられない仕事が3日に入った。「それなら日帰りっ」
気持ちを切り替えた矢先…
First, work got scheduled on that Friday. “Well, I can still go for one day!”

e381abe38293e381bee3828aコールダーが親友のジョニーの誕生日に招待されたと言ってとっーても楽しみに帰って来た。
バースデーパーティは、よりにもよって4日。
がーんっ!… 参加は絶望的だ(涙

As soon as I made an alternative plan, Calder came home with a big smile on his face, “Mom, I am going to Johnny’s Happy Birthday!!”

susie
そんな折、開催者のSusieから「連絡ないけど、いつものようにAkikoの場所は取ってあるからね!」のメール。あなたなら、どうする?!

The birthday was on June 4… Of course, when I finally made up my mind, an email from Susie arrived, “I haven’t heard from you, but I have reserved space for you!” What would you do?!

捻り出したアイディアは、ジョニーのママが快く引き受けてくれてコールダー
『初めてのお泊まり』
The ultimate alternative was Calder’s first sleep over, thanks to Johnny’s mom!

1221
3141

朝4時に出発、会場のアルコラセンターに一番乗り。ブースの設営も終わった頃にはいつものみんなの笑顔が揃っていました。
Departed home at 4 am for Arcola Center. By the time my booth got set up, the familiar smiles were all there!

5161
7281

“It is so fun!!”, “I love Japanese stationary!”…ブースに来てくれるラガディコレクターの合間を見つけてブースを抜け出し撮影…

910
111121

とっても一人じゃ撮りきれない。
1314
1516

パパには、ミュージアムからRockome Gardens(www.rockome.com)にお引っ越しした『マルセラのギフトショップ』に行ってもらって中の様子をビデオで撮影して来てもらいましたよ!見たいでしょ?!

Meanwhile, Gary went to Rockome Gardens for me to take video clips of Marcella’s Gift Shop moved from the museum.




ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop2
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop3
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop4
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop5
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop6
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop7
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop8
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop9
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop10
ラガディギフトショップMarcella’s Gift Shop11

Finally, thank you for trying everything to keep Raggedy Ann, Andy, and Johnny Gruelle’s legacy in Arcola! And, thank you, Erika, for another wonderful artwork for the Friendship Gathering!

アルコラにラガディ•アン&アンディと作者ジョニー•グルエルのレガシーを残そうと必死にがんばってくれているスージー、ありがとう!今年もフレンドシップギャザリングの為にすてきなイラストを描いてくれたエリカ、ありがとう!

17dinner

The top picture and this one is a part of June 2, 2011 issue of Arcola’s newspaper, Record-Herald.
トップと下の記事は、2011年6月2日の地方紙『アルコラ レコードーヘラルド』に掲載されたラガディ•フレンドシップの記事の一部です。

back

FOR ALL RAGGEDY LOVERS!!!!!!2012 GATHERING DATES ARE FRIDAY 6/1/12 & SATURDAY 6/2/12……AND….. FOR THOSE WHO REALLY PLAN AHEAD……2013 GATHERING DATES ARE… FRIDAY 6/7/13 & SATURDAY 6/8/13……SO NOW YOU KNOW SET YOUR SCHEDULES…..I WILL NOT BE BEHIND FOR NEXT YEAR!!!!! I HAVE ALL MY PAPER WORK SORTED BY YEAR FOR THE 09/10/11 GATHERINGS…AND HAVE MY 2012 FOLDER STARTED!!!!!!! ARCOLA CENTER IS BOOKED!!!! AND SO IS THE KASKASKIA COUNTRY CLUB!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!RAGGEDY LOVE & HUGS!!!!!!! SUSIE

ラガディ大好きなあなた!
2012年のフレンドシップ•ギャザリングの日程は、6月1日(金)と2日(土)よ。
そして前もって計画を立てたいあなた!2013年は6月7日(金)と8日(土)です。
アルコラセンターは予約済み。金曜日の夜のディナーのカスカスキアカントリークラブも予約済み。あなたの参加待ってますよ!! スージー

【コネチカット州】アンが生まれた家(1)
The house where Raggedy Ann was born(1)

2010年9月25日(土曜日)コネチカット州シルバーマインの土地を訪ねて来ました。今日から何回かに分けて、『ラガディ・アンが生まれた家』(原作者グルエルが娘マルセラにラガディの物語を語った家)を動画と一緒にご紹介して行きますね。
(この映像は、現在の家のオーナーであるジョイス&ジェイムス・アンダーセンさんのご合意と許可の元に撮影しました。)

I went to take a part in 2010 Historic Silvermine House Tour in CT last Saturday. I will report the tour of Gruelle’s house and the cemetery with video footages in the course of next a few blog articles. The video was filmed with courtesy and permission of the current owner, Joyce & James Andersen.

14アンが生まれ、ジョニーがマルセラにラガディのお話を語った家。ジョニーの腕に抱えられマルセラが息を引き取った家。

This is where Raggedy Ann was created. This is where Johnny Gruelle told the stories of Raggedys to Marcella. This is where Marcella closed her eyes for the last time in her fathers arms.

ジョニー・グルエルと妻マートル、娘マルセラと息子ワースが過ごした家は、ニューヨークの街から北東に80キロ程上がったところ、コネチカット州の海岸からそう遠くないシルバーマイン地区にあります。

The house where Johnny Gruelle, his wife, Myrtle, his daughter, Marcela, and his son Worth spent from 1912 to 1916 sits in Silvermine, CT, about 50 miles northeast from NYC.

両親の住むこのシルバーマインを訪ね、すっかり気に入ったジョニーは、1910年マートル、マルセラの家族3人でオハイオ州のクリーブランドから、この地に引っ越します。最初は両親の敷地に仮住まいします。

When Johnny visited his parents who had moved earlier in Slivermine, he fell in love with the area. In 1910, Johnny moved with Myrtle, and Marcella from Cleveland, OH, and lived on the property of his parents.

同年、NYヘラルド紙のコンテストでジョニーの作品が1位と2位に選ばれ、この地で安定した収入を確保すると1911年、両親の家の川の反対側の土地にこの家を建てます。

In the same year, Johnny won the 1st and 2nd place in the N.Y. Herald’s cartoon contest. After he secured his income in this new place, he began to build this house across the river from his parents property in 1911.

1912年完成した家に入居。2番目の息子ワースが誕生します。
In 1912, they moved into the completed house and his second child, Worth, was born.

外で遊ぶのが大好きだったマルセラが、近所に住むお友達と何時間も過ごした、ラガディ・アンとアンディの物語のアイディアをジョニーにくれたグルエル家の庭の様子(『ラガディ・アンが生まれた家』ツアー・パート1)をお楽しみ下さい。

携帯のあなたはココから動画が見られるかな?

Please enjoy the first part of his house tour, outside of Gruelle’s house, where inspired Johnny to create the story of Raggedy Ann and Andy and where Marcella spent hours playing with her friend and her playing things.



グルエルの家は、その後のオーナーにより何度かの増築を繰り返し、アンダーセンご夫妻と5人の息子さんの住む現在の家に至ります。

携帯のあなたはココから動画が見られるかな?

The original Gruelle house went through some additions and remodeling to house Mr. and Mrs. Andersen and their 5 sons happily.



Joyce Andersen, the current owner of the house, sent us an additional explanation of the house remodeling! Thank you, Joyce!

“When we purchased the house in 2002, the large rooms off the back of the house were already enclosed with the peaks as they are and the decking already existing. Some of that might have been done during the 1988 construction but some of it was done prior to that as we have heard stories of many events held in those rooms in the early eighties. When we started our renovations in 2007, all we added were the ‘locker room” (off the mudroom, the breakfast room, and the screened in porch. The rest of our renovations did not change the footprint of the house. However, when we pulled up the floors in those back rooms previously mentioned, we found that there was no heat in them since no duct work had ever been laid so we trenched the rooms and added full size trunk lines around the perimeter of both rooms in order to fully heat the spaces! Additionally, we renovated the entire back of the second floor, adding a tiny bedroom where there was once a larger laundry room and larger dressing room. We also redid the kitchen and opened it up to the dining room, creating a more welcoming environment to company. ”



このアンが生まれた家(ジョニー・グルエルの家)は、現在はアンダーセンさんがご所有されています。ご興味のある日本のラガディファンの方には、事前に連絡の上特別に拝見させて頂けることになっています。マルセラとジョニーが眠る墓地、また、ノーウォークの街にあるミュージアムにはラガディ・アンの展示があります。プライベートツアーをご希望の方は、私、宮本亜希子がガイド致します。お問い合わせは、akiko@bepcomm.comまで。


【コネチカット州】アンが生まれた家(2)
The House where Raggedy Ann was born(2)

さて、NYヘラルド紙の漫画の連載が始まり、ジョニーは電車でマンハッタンへも定期的に、足を運ぶようになります。やがて、雑誌やグリム童話の挿絵を初め様々な仕事をこなすため借りたアパートからシルバーマインの家には1〜2週間帰れないことも度々ありました。そして、ジョニーは家族をマンハッタンに呼び寄せます。

After a regular commission at NY Herald, Johnny started to commute to NYC regularly by train. He then rented an apartment to keep up with other commissions from magazines and children’s books such as Grimm’s Fairy Tales. When many deadlines pressed, he would stay there for a week or more each time before he came home in Slivermine. Eventually, Johnny called his family to live with him.

漫画家として、イラストレーターとして、絵本作家としてジョニーがその地位を確立し始めていた1915年のこと、娘のマルセラは学校から予防接種の知らせを持ち帰ります。その安全性に疑問が残るものの、友達と一緒にマルセラは天然痘の予防接種を受けました。効果がなかったと、今度は両親の許可なく2度目の接種をマルセラは学校で受けさせられます。10日後、マルセラは足の痛みを訴えます。
学校には通えない状態になり、マンハッタンの病院に入院するものの手の施し様がありません。ジョニーは、おいしい空気がマルセラを少しでも元気にしてくれればとシルバーマインの家に、家族を連れて戻ります。

By 1915, Johnny was well accepted as a cartoonist, a fairy story writer, and illustrator. One day Marcella came home from NYC school and told her mother that she had to be vaccinated. Reluctantly, her mother gave permission and next day Marcella received a smallpox vaccination. Several days later, the school nurse gave her a second vaccination after it became apparent that her first one had not “taken” without any of her parents’ permission. 10 days later, Marcella complained of pains in her legs. She had to stop and was admitted to a NY hospital. However, nobody could bring back her health. Johnny hoped that fresh country air might recuperate his daughter and retuned to live in Silvermine.

日中少しでも長くマルセラとの時間が過ごせるようにと、2階にあったマルセラの子供部屋を1階に移します。熱に浮かされたマルセラはこれから紹介するこの部屋で最後の日々を送りました。ジョニーが、自作のお話をマルセラに読んで聞かせたのもこの部屋です。

Johnny and Myrtle moved her room from the second floor to the first floor so they could spend more time with their daughter during the day. This is the room where Marcella spent her days and nights delirious with fever. This is where her father, Johnny read aloud stories he had written.




このアンが生まれた家(ジョニー・グルエルの家)は、現在はアンダーセンさんがご所有されています。ご興味のある日本のラガディファンの方には、事前に連絡の上特別に拝見させて頂けることになっています。マルセラとジョニーが眠る墓地、また、ノーウォークの街にあるミュージアムにはラガディ・アンの展示があります。プライベートツアーをご希望の方は、私、宮本亜希子がガイド致します。お問い合わせは、akiko@bepcomm.comまで。


【コネチカット州】ジョニーと娘マルセラが眠る地
Where Johnny and Marcella Rest…

1治療と家族の祈りの甲斐なく、13才の誕生日から3ヶ月も経たない少女マルセラはシルバーマインの家で1915年11月8日息を引き取ります。葬儀は、このシルバーマインのグルエルの家で開かれ、シルバーマインの小さな墓地に永眠します。

Despite of medical attention and prayers of family, Marcella Gruelle closed her eyes for the last time on November 8, 1915. It was only three months passed from her 13th birthday. Her funeral services were held at the Gruelle’s home in Silvermine. She was laid to rest in the small Silvermine Cemetary.

(これから紹介する動画の中の説明の要約です。)
このローワー・シルバーマイン・セメタリーには、ジョニーとマルセラの墓石は見つかりません。けれども、ジョニーの友人であったフレドリック・バタリーのお墓の隣に”アメリカはなの木”が植えられている場所があります。この土地を離れ1939年にフロリダ州に永眠したジョニーは家族の記録によるとこう伝えられています。

Johnny joined Marcella almost 25 years after her death in this small cemetery across the street from a school under a red maple tree.

シルバーマインの学校から道を挟んだところにある、小さな墓地にジョニーは埋められました。約25年程前に亡くなった娘と一緒に。そこには、アメリカはなの木が植えられました。



このシルバーマインのツアーの準備で墓地を掃除していたところ、このアメリカはなの木の後ろ側に石が発見されました。ラガディ・アンが有名になり、マルセラに静かに眠って欲しいという家族の配慮から墓石は、なくしたのではないかと考えられています。マルセラとジョニーはこの石の下に静かに眠っているのでしょう。

While they were cleaning up this cemetery for the house tour in September of 2010, a piece of stone was found behind the red maple tree. They believe that Johnny and the family wanted Marcella to rest peacefully after Raggedy Ann became famous and removed a grave stone, and Johnny and Marcella must rest underneath this stone.



This Historic Slivermine House Tour 2010 was held on September 25, 2010, organized by Norwalk Association of Silvermine Homeowners and Silvermine Community Association, sponsored by Norwalk Preservation Trust, and supported by Silvermine Guild Arts Center and Silvermine Market.

このヒストリック・シルバーマイン・ハウス・ツアー2010は、Norwalk Association of Silvermine Homeowners、 Silvermine Community Associationの主催、Norwalk Preservation Trustの提供、Silvermine Guild Arts CenterとSilvermine Marketのサポートの元に2010年9月25日に開催されました。

I appreciate very much for such warm reception and allowing to video tape the sites. I would like thank everyone who was involved in organizing this tour which gave us this opportunity to visit Johnny Gruelle, his family and Raggedy Ann’s in Silvermine. Also, my special thanks to the current owner of the Gruelle’s house, Joyce & James Andersen for friendliness and openness to us!

このハウスツアー関係者の皆様にシルバーマインのジョニー・グルエル、その家族、ラガディ・アンの歴史を訪ねる機会を与えて下さったこと、そして、何よりも温かく向かえ、映像を撮らせて頂いたことを感謝申し上げます。そして、現在のグルエルの家のオーナーのジョイス&ジェームスアンダーセン夫妻にもお礼申し上げます。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

このアンが生まれた家(ジョニー・グルエルの家)は、現在はアンダーセンさんがご所有されています。ご興味のある日本のラガディファンの方には、事前に連絡の上特別に拝見させて頂けることになっています。マルセラとジョニーが眠る墓地、また、ノーウォークの街にあるミュージアムにはラガディ・アンの展示があります。プライベートツアーをご希望の方は、私、宮本亜希子がガイド致します。お問い合わせは、akiko@bepcomm.comまで。

【ケンタッキー州】第9回ラガディアンフェスティバル
9th Raggedy Ann Festival in Cynthiana, KY

2011年4月16日(土)、今年で第9回になるラガディ・アンフェスティバル
が開催されました。
夕方コロンバスを出発する頃に雨が降り始め、夜10時すぎに近くのホテルに到着。

6002朝7時の設営の頃に、雨は一度止みました。

9th Raggedy Ann Festival in Cynthiana, KY was held on April 16, 2011.
It started to rain when we left Columbus the evening before. We arrived at a hotel a little after 10 p.m. The rain took a break while we set up a booth at 7 next morning.

6003お隣は、このイベント初回から出展しているラガディ・ランドのチャールズとシェリル。

Our neighbor is Raggedy Land’s Charles and Cheryl who have been attending this event every single year from the very 1st one. Hooray for them! Events like this can only grow when dedicated people like them exist.

こういうイベント、必ず出展してくれるラガディ・ランドのようなブースがあって、成長して行かれるんです。「本当にありがとう!」

1236004当日は、シェリル曰く「こんな確率の高い30%の予報は見たことがないわ!」(←おっかしいでしょ、シェリル!)の雨と風にも関わらず、遠くはフロリダから駆けつけた仲間達。

And, thank you very much for coming all the way and for not being under the weather even in “I’ve never seen any stronger 30% chance of rain” (by Cheryl) weather!!

6005600660076008通訳でお会いしたコロンバス在住のラガディファンの日本人の方々にも来て頂いて、嬉しかったです!雨と風からステーショナリーを守ってくれてありがとう、パパ!

I am glad to see Japanese families who I met through interpretation made it, too! Thank you, Papa, for protecting Raggedy stationary goods from the wind and rain!!

来年は第10回を迎え、ラガディの原作者孫娘のジョニさんも来ることになっています。
そして…今年は機関車トーマスだったけど、ラクダ(キャメル)も来年は復活するそうですよ。2012年4月21日、来年はいい天気に恵まれますように!

It will be its 10th Raggedy Ann Festival next year on April 21, 2012. Joni Gruelle is coming, too! I heard that a camel ride will be back next year gain. Hope it will be a nice weather next year!!

「近くだったら是非行きたかった!」twitterでこんなコメントも届きました。

6009行かれなかったあなたの為に、フェスティバルTシャツ限定でゲットして来ましたよ。数に限りがあります。希望のあなたはコチラから>>>MサイズLサイズ





Hi Akiko…I really wish I could of come to the Raggedy Gathering… It looks like it has been chilly…
Thank you for offering to send me some raggedy stationary! I was thinking of spending around $30… How are the sets packaged?


If you wish me to send you an assortment of Japanese Raggedy Ann goods, please contact me by email or on facebook!

【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress