12/2011

12
30
2011

6002 続きを読む »

投稿者名:akiko(06:26)0 コメント
12
27
2011

6001 続きを読む »

投稿者名:akiko(03:48)0 コメント
12
27
2011

600 続きを読む »

投稿者名:akiko(03:11)0 コメント
12
8
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko.

我が家のホームステイ、サウジの子では古株2番目のモハメッド。
「25才になったからお見合いをしろって言われているんだ…まだ結婚したくないんだけど。」と夏に言っていた彼。ついにこの日曜日、お見合いにサウジに帰りました。
mohammedMohammed is our second longest homestay student among Saudis. “My father wants me to get married because I am 25. I do not want to get married yet…” said Mohammed this summer. He left our house for his home town to meet his future pride this Sunday.

お見合いは15~30分ほど。相手のお家にお相手とお父さんを訪ねます。断る権利は双方にあり、見事双方結婚を承諾した場合、結婚式当日まで、二人はまたバラバラ。
The meeting takes place at her house among her, her father, and Mohammed for about 15-30 min. Either side can say, “no” to the other. Even when both successfully come to an agreement on a marriage, they will never meet again until their wedding day!

つまり…第一印象で人生を決める訳です、よね?
So the first impression decides your life, correct?

ちなみに私。この四十数年の人生のうちで「この顔、好みかも」と初対面で感じた男の人が二人いました。一人は金髪で色白のスェーデン人のカメラマン。で、もう一人は、今のパパ(笑)少なくても1万人くらいの男の人には出会っているはずなので、顔の第一印象ってかなり行けてると思いません?
As for me, I’ve had two occasions in my forty plus years of life when I felt “he is my type” at the first impression. One was a blond Swedish photographer and the other was the man whom I am with today! I must have met at least 10,000 men in my life, so the first impression does something, don’t you think?

そう言えば、世界の8000mの山を無酸素で6座登頂した登山家の小西浩文さん。自分の命を預けることになるシェルパを初対面で決めなくてはならない事がある。その時は「顔」で決めるとおっしゃってました。どうしてかと言うと、その人の思考パターンとその時その人が置かれている状況下が顔に表れるからだって。
その後の懇親会で、前にいた皆さんはありがたい人生のアドバイスを頂いてる中、私の番になるなり「あ、これは原種の顔だ。生命力の強い顔をしている。」だって…男だったらシェルパに選んでくれたのでしょうか…??苦笑。

I had a chance to listen to Hirofumi Konishi, a Japanese mountaineer who has conquered the world’s six (out of 14) 8000 meter peaks oxygen-free. When he has to select his sherpa at first sight, he told us that he looks at their faces. According to him, a face tells not only what kind of thinking pattern one possesses, but what kind of situation he is under. After his talk, we met him in person. He was giving great advises to people in front me and I was looking forward to my turn. When he saw me or my face, he just said, “You have a face of original species with vitality!” Huh? What happened to insightful things that you were telling all the other people???

さて、モハメッド。無事に初対面の彼女のお眼鏡に叶って帰って来るのかな??楽しみ、楽しみ…
In any case, I am looking forward to Mohammed’s return to hear all about his visit!!

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

それでは、今日もラガディ原作絵本の続きを読んで行きましょう!
Today is a day to read Gruelle’s original books in Japanese.

wpe8a1a8efbc8fe8a38fe8a1a8e7b4991925年に出版された5冊目の『ラガディ・アン ウィッシング ペブル』のお話の続きです。

We will read Gruelle’s 5th Raggedy book, “Raggedy Ann’s Wishing Pebble” published by M.A. Donohue & Company in 1925 today. (I am translating/reading the original books since they were never published in Japanese until today…)

前回までのお話はコチラから>>>

「俺が見つけたら、自転車をお願いするぞ!そして黄色の野原を乗り回すんだ。」ウッドチャックのジョージが言いました。

ハリネズミのヘンリッタは「それなら私はローラースケートがいいわ。ジョージと一緒に駆け回れるわ。」とジョージに続きます。

「私はやっぱりソーダマシーンが欲しいわ。そうすれば皆が私たちのリビングで毎日パーティーが出来るもの!」ジャコウネズミ夫人も言いました。

「私は…何をお願いしたいか分からないわ。でも、魔法の石が見つかったら、きっとなにかいいお願い事も見つかるはずよ。」ラガディ・アンも色々と考えながら言いました。

「それなら、まずは、その自分勝手な声の主を探さそうよ。ここに座っていたって見つかりはしないさ。」ラガディ・アンディが言うと

ウッドチャックのジョージが立ち上がりました。「じゃ、俺が早速探してみせる。見つけたら、戻って来るよ。そして、みんな順番にお願いごとをしよう。いくらでも、好きなだけ!」

その時「あらっ」ジャコウネズミ夫人が叫びました。


☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

続きは、また次回のお楽しみ…

【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!

Thank you for coming to Raggedy-mania!
Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


2012e8a1a8e7b49901a12012ラガディカレンダー/スケジュール帳好評発売中!!2012 Raggedy Calendars and Schedule Book on Sale!!

If you are interested in getting one for you, please write to akiko@bepcomm.com

2012ラガディ・壁掛けカレンダー 2,520円
2012ラガディ・ポストカードカレンダー 1,344円
2012ラガディ・スケジュール帳 マンスリー 924円
ラガディ『一言日記にも使える』フリーウィークリースケジュール帳 924円


【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress