11/2011

11
21
2011

こんにちはアンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko.

我が家のホームステイ古株のマゼン。毎日、ほんと毎日サムを抱っこしに2階から下りて来ます。
「サウジのお母さんに、ちゃんと毎日サムを抱っこしてる?」と聞かれるから…とは言ってるけど、本当に好きじゃなかったら毎日下りて来ないよね?

Our longest staying homestay student, Mazen. He come downstairs everyday, really everyday he comes down to hold Sam. “My mom asks me if I hold and play with Sam everyday…” he says, but if he really does not like babies, would he really do that everyday?

mazen1mazen


mazensharon一人っ子で赤ちゃんなんて抱っこしたことないシャロン。遠巻きに「可愛いねー」なんて見てる彼女の腕にもポンとサムを置いちゃう(笑
シャロン「あー、泣く泣くっ」
マゼン「赤ちゃんは泣くように出来てるんだから、大丈夫、大丈夫」

Sharon is an only child. She had never held a baby. Mazen put Sam in her arms.
Sharon “Oh, he is about to cry..”
Mazen “That’s OK. A baby sometimes cries. So don’t worry.”

こんなマゼンなら将来、何人もの子供達を上手に束ねて楽しく遊んでくれるパパになりそうじゃない?!
You can imagine what kind father figure he will be some day?

イスラム教の国、サウジでは結婚はお見合い。自分のお母さんや姉妹が知り合いの中から、結婚相手を見つけてくるの。デート期間はなし!ちょっとそんな慣習、ピンと来なかったけど、マゼンを初め沢山のイスラム圏の男の子達と暮らしてみて、それもありかなーなんて思うようになりました。
In Saudi Arabia, all the marriages are arranged. Usually their mother and sisters chooses a bride from the women they know. No dating! I couldn’t understand the custom before, but after living with many Moslem boys like Mazen, I can kind of see how it might work.

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

手作りがとっても上手なお母様をお持ちのHisakoさんからプレゼントして頂きました!
Sam received a present from Hisako and her handy mom!

samHisakoさん、お母さんどうもありがとうございます!サム似合っていますか??

Thank you Hisako and her mom! How does it look on Sam??




☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

それでは、今日もラガディ原作絵本の続きを読んで行きましょう!
Today is a day to read Gruelle’s original books in Japanese.

wpe8a1a8efbc8fe8a38fe8a1a8e7b4991925年に出版された5冊目の『ラガディ・アン ウィッシング ペブル』のお話の続きです。

We will read Gruelle’s 5th Raggedy book, “Raggedy Ann’s Wishing Pebble” published by M.A. Donohue & Company in 1925 today. (I am translating/reading the original books since they were never published in Japanese until today…)

前回までのお話はコチラから>>>

8章

ジャコウネズミ夫人は悲しくって泣き止むことが出来ません。
「これから毎日近所の人が来ては、好きなだけソーダを飲んでもらえることが出来ると思っていたのに!」

ミスタージャコウネズミも「そうだな。暑い日には冷たいソーダは格別だな。」赤いバンダナでメを拭いながら言いました。

「まずは、沢山のクリームソーダが飲めたことに感謝しましょうよ。」ハリネズミのヘンリッタが言うと
「でも、あの気味悪い声の主は誰なんだろう?」とラガディ・アンディが言いました。

「なんでジャコウネズミ夫妻から、ソーダマシーンとロリポップの庭を取り上げなくってはならなかったのかしら?自分も欲しかったのなら、魔法の石にもう一つお願いすればいいことなのに…」ラガディ・アンは不思議でたまりません。

「きっと、あの声の主はすっごく自分勝手なんだよ。全部自分だけで独り占めにしたいのさ。」ウッドチャックのジョージが答えます。

「でも、この鏡の小川で自分勝手なものなんて誰もいないわ…」ジャコウネズミ夫人が言いました。

「とにかくみんなで魔法の石を取った犯人を捜そう、取り返すんだ!」ラガディ・アンディが元気に言うと

「そうだ、見つけて投げ倒して、魔法の石を取り返してやる!」とウッドチャックのジョージも続きます。

すると「それはよくないわ。だって、魔法の石は見つけた人のものだもの。私が持っていた時は、私のものだった。その後、砂に埋めて、次に見つけた人のものになったのよ。だから、魔法のソーダマシーンやロリポップの庭を消してしまったとしても、取り返すというのは間違いだわ。」ラガディ・アンは言いました。

「じゃあどうやって魔法の石をまた僕たちのものにするんだい、ラガディ・アン?」ラガディ・アンディは聞きました。

「まず、誰が持っているのかを探すの。そして、魔法の石を私がしたように埋めるのを待つのよ。そうしたら、私たちがまた魔法の石を見つけて、そうすれば、また私たちのものになるわ。また、ソーダマシーンがジャコウネズミ夫妻のリビングに返って来るようにお願いしましょうよ!」ラガディ・アンは答えます。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

続きは、また来週のお楽しみ…

今週も【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!

Thank you for coming to Raggedy-mania!
Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


2012e8a1a8e7b49901a12012ラガディカレンダー/スケジュール帳好評発売中!!2012 Raggedy Calendars and Schedule Book on Sale!!

If you are interested in getting one for you, please write to akiko@bepcomm.com

2012ラガディ・壁掛けカレンダー 2,520円
2012ラガディ・ポストカードカレンダー 1,344円
2012ラガディ・スケジュール帳 マンスリー 924円
ラガディ『一言日記にも使える』フリーウィークリースケジュール帳 924円






11
6
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko.

ハロウィーン(10/31)にパパとコールダーのお誕生日(11/3)。
我が家の10大イベントの2つが同じ週にぶつかり、さすがに急がしーっく毎日が過ぎて行きます。

Halloween on Monday and Papa&Calder’s birthday on Thursday. There were two major family events within a week and last week just blew away.

punpkinpumpkin
schoolhome

その忙しさの合間を縫って、最近コールダーに気になることが二つ…
あまりにも日本語が出来なくなったこと。空手のレッスンの見学に連れて行ったら”I am shy…”と言ってドアも入れなかったこと。でも、ちょっと待て。サムを産む前と同じように仕事を請けて、週末に仕事がずれ込むこともしばしばなこの頃。赤ちゃん返りはしてないけど、毎日てんてこ舞いでコールダーと過ごす時間は減ってる..手をつけるのは、まずそっちからだよな…

There are two things that concern me right now… Calder’s Japanese deteriorated so much and he couldn’t go beyond the door when I took him to a trial Karate lessen. Before I work on these issues, I have something else that I need to work on… I haven’t had much chance spending “quality” time with Calder since Sam was born.

dscf6527dscf6525

昨日は、コールダーの大好きなおにぎりと、今ブームのおいなりさんを作って3人でお散歩に行って来ました。11月だと言うのに日差しが暖かくって、とても気持ちがよかったです。

It was beautiful yesterday. I made Calder’s favorite Japanese food and Calder, Sam, and I went on a picnic!

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

「第2子の誕生おめでとうございます。いつの間にかと驚きました、頑張る姿が見えます。コールダー君兄弟が出来、よかったね。私の方は、ロングハウスのラガディの家でお人形作りしたりお茶したり、毎日楽しんでいます。ラガディのアン・アンディの力って凄いなぁー 沢山の人にありがとう。また、楽しみの待ってますね。」

2009年10月25日宇都宮のラガディ・アンドキュメンタリーの上映会場でお会いした久恵さんからメールが届きました。この前のブログの更新の後、沢山のおめでとうメッセージを頂きました。ブログは書いてる時は一方的につぶやいているばかり。でもこうしてメッセージを頂くと向こう側に読んで下さっている「あなた」を改めて感じることができます。ホント、アンとアンディが結んでくれたご縁ですね。ありがとうございます!久恵さん、メールの返信が戻って来てしまったので…ブログでありがとうのお返事です。

Thank you very much for many many congrats messages for Sam. I love you all whom Raggedy Ann and Andy connected me to!

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

それでは、今日もラガディ原作絵本の続きを読んで行きましょう!
Today is a day to read Gruelle’s original books in Japanese.

wpe8a1a8efbc8fe8a38fe8a1a8e7b4991925年に出版された5冊目の『ラガディ・アン ウィッシング ペブル』のお話の続きです。

We will read Gruelle’s 5th Raggedy book, “Raggedy Ann’s Wishing Pebble” published by M.A. Donohue & Company in 1925 today. (I am translating/reading the original books since they were never published in Japanese until today…)

前回までのお話はコチラから>>>

「君は誰なんだ?」ラガディ・アンディは叫びました。

「ここには誰も見当たらないようだけど?」ハリネズミのヘンリッタはジャコウネズミの家から出て来ると言いました。

「はっ、はっ、はっ!」また同じ声が聞こえて来ました。「ラガディ・アンがウィッシングペブルを砂の中に埋めたのを見て、すぐに掘り起こしたのさ。ペロペロキャンディーと、魔法のソーダマシーンが消えるようにお願いしたのはこの私だよ。ウィッシングペブルも私のものだ!」

ラガディ・アンは言いました。「泣かないでジャコウネズミ夫人、みんなで誰の仕業か突き止めましょう。そして魔法の石を取り返しましょう!」

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

続きは、また来週のお楽しみ…

今週も【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!

Thank you for coming to Raggedy-mania!
Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


2012e8a1a8e7b49901a12012ラガディカレンダー/スケジュール帳好評発売中!!2012 Raggedy Calendars and Schedule Book on Sale!!

If you are interested in getting one for you, please write to akiko@bepcomm.com

2012ラガディ・壁掛けカレンダー 2,520円
2012ラガディ・ポストカードカレンダー 1,344円
2012ラガディ・スケジュール帳 マンスリー 924円
ラガディ『一言日記にも使える』フリーウィークリースケジュール帳 924円



【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress