10/2011

10
31
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
ちょっとご無沙汰していました。先日10月7日(金)23時53分に次男サムが生まれて来ました!今回は計画出産…
と言ってもお医者さんにお願いした訳じゃなく、語りかけ(笑

Hi This is Akiko. Sorry it has been a while since I last updated the blog. Our second son, Sam, was born at 23:53 on Oct. 7. It was a planned delivery not with help from a doctor, but with talking to Sam!

予定日は18日。
コールダーが11月3日のパパの誕生日に生まれて来たから、今度は私の誕生日10月12日をホントは狙ってたんです…
でもね、12日も含めてお仕事の予約で10月はすっごい過密スケジュール!
The due date was 18th. Calder was born on his dad’s birthday. So I was actually aiming for my birthday this time on Oct. 12.
However, I realized that my October schedule was already filled with work.

で、5日(水)にスケジュール帳を開けてお腹に言ってみたんです。
「今週末は、予定が入ってないからもう出て来てくれるといいんだけど…それも金曜日コールダーのお迎えの後くらいかなー」
So I talked to him, Sam to be, in my belly. “You know, this weekend kind of works for us…nothing planned and it is even better if you come out after your brother gets picked up from school.”

当日は38週目だったので、初めて下の検査があり(日本と違って子宮口ここまでチェックしないんですよ!)3センチ開いてると…
「でしょ?だから早く診て欲しかったのよー」と思いながら取りあえず帰宅。
前回のこの時点ではもう病院にいたので、パパに「たぶん今日出てくるから、やること片付けて来る」と伝えて
お客さまから頂いてた仲介料の小切手をダウンタウンのオフィスに届けたり、銀行行ったりしてるうちに「きゅーっ」と来ました。
It was 38th week that morning and the doctor finally checked down there. I was already dilated 3 cm and I was already at the hospital by this point with Calder. So I told Gary that it would be today so I need to finish taking care of some business before I left home again. After delivering a check from my client to the downtown office and going to the bank, I started to feel a cramp.

夕方コールダーの保育園から「下痢と微熱でお迎え要請」があったところで、踏ん切りが付きパパに先に病院に落としてもらうことにしました。
予定日にまだ11日もあるから「何しに来たの?」顔の病院。
ここでカチンと来ないのは40を超えた証。心配にならないのは2人目の余裕?!「一人目が早かったので、二人目の時は早く来てねと言われて」と説明をして、1時間機械につながれ、病院受け入れが決まった頃、保育園からパパとコールダーが到着
So I hurried home and started to get ready to go to the hospital. Around that time, Calder’s school called to tell us he needed to be picked up because he was having diarrhea and running some fever. That call made me decide it was time to go! When we got to the hospital, they looked at me like “aren’t you over-reacting a little?” probably because there was still 11 days until the due date and also I walked up to the check-in counter instead of being carried in a wheel chair. In any case, I was plugged to a machine for an hour to assure them that the baby was ready to come out soon. Calder and Papa arrived when I was admitted.

まだ生理痛+くらいの痛みの時点で既に麻酔なので、ほとんどお産じゃありませんでした(笑日本での無痛分娩とは比べものにならない強い麻酔なので、痛みだけじゃなく「衝動」すら感じないんです。
さらに子宮が開くのを待ってるうちに眠気まで襲い、うつら、うつらとしているうちに「じゃ、そろそろ先生を呼びます」
寝てるところを起こされて「生みますよ!」って言われても実感が湧きませんよねー。
To make a long story short, I was given epidural right then, waited a little more, and delivered the baby. lol… Ok, that is a little too short!! Compared to the first time in Japan with Calder, it was far from labor and delivery. (I asked for epidural in Japan, too, but they make you wait until it is time for delivery. So you go through most of the labor part and pain as you choose natural labor & delivery.) The amount of epidural given here even made me sleepy. Around 11pm, the nurse came in to tell us it was time for delivery! With a doctor’s arrival at 11:30 pm, I was told to push.

12歳以下は立ち会いだめなのが病院の方針みたいなのですが、来てくれた産科の先生はコールダーが大丈夫ならいいよって雰囲気でしたので、そのまま全部見てました、泣きながら。
後から「皮を切ったよね」なんて言っているので、ちゃんと全部見てたんだな、と思います。
泣いてたのは後から聞くと「ママが死んじゃうかも知れないと思ったから」なんだそうです。部屋を出て行かなかったのはそういうことだったのか…
私的には全然痛みがないので、「死にそう」からはほど遠かったのですが、確かにお産アメリカの場合、日本は肩越しから立ち会うのに下からなので通訳した時「かなりお産ってグロテスクなんだなー」と私も思いました。
(仕事じゃなかったら見てられなかったかも)
We were told that kids under 12 years old could not be there during the delivery, but the doctor did not ask Calder to leave so he stayed there and witnessed the whole process. He had tears in his eyes, but never tried to leave. He told me later the reason. He thought that I might die. (Oh, that is why he couldn’t leave!) To me it was far from dying because I did not feel a thing, but I have been in his position before when I interpreted labor and delivery a few times. It was quite gross watching from the bottom end and I probably could have not done that if it was not work.

そんな具合で予定出産(笑)無事完了。日曜のお昼過ぎに退院、翌月曜日からお仕事に復帰させてもらいました。
コールダーも赤ちゃん返りすることなく、いいお兄ちゃんしています!
In any case, our son, Sam, came out as I planned in the weekend. I was discharged from the hospital on Sunday and went back to work by Monday. Calder does not seem to regress with his little brother’s birth, but he is rather being a good big brother.

dscf6373dscf6395
dscf6406dscf6417

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

第2回『アンのりんご祭り』@白樺湖ペンションぼくんち


2nd Raggedy Ann Apple Festival at Pension Bokunchi in Lake Shirakaba

A group who stay at Pension Bokunchi between Nov. 12 and 27 with two meals & an apple picking plan receive a Raggedy Ann and Andy apple!

りんごの季節になりました。
そして、今年は第2回になる『アンのりんご祭り』が白樺湖のペンションぼくんちさんで開催されまーすっ。

期間:11月12日(土)〜27日(日)

上記の期間中に2食付で宿泊され、ぼくんち宿泊者専用の「ぼくんちりんご農園」にてりんご狩りをされた、アン&アンディーファン1家族に付き1ケ「アン&アンディーのりんご」をプレゼントいたします。

『アンとアンディ』の絵付けリンゴが育つ様子…

ragadyapple-37月上旬にりんごがまだ小粒の時に袋かけをします。

Early July when apples are still small, each apple gets covered with a bag like this.




ragadyapple-59月下旬に袋を外して、シールを貼り付けます。
アン&アンディの絵の貼り付けは、りんごが球体の為、苦労しますが、剥がれずに色がつけば、とても良いできです。

Late September, bags are taken off and a Raggedy Ann and Andy sticker are placed on each apple.
ragadyapple-7いよいよ収穫。

11月中旬にはりんご全体が赤くなるので、収穫後にシールを剥がすのが楽しみですね。

Mid November, apples are ready to be picked by you!

「もう蜜がいっぱいで、すんごく美味しいの。もうお店のりんごは買えないかも…?!」とは去年『アンのりんご祭り』に参加され、アンとアンディのショップDoll Gardenを営む渡辺さんのコメント。

If you are interested in staying at Pension Bokunchi, please call 0266-68-2076 for more information. They have such a gorgeous view from their dining room and bathroom like this!

ペンションぼくんちさんには、私も2年前コールダーと保育園のお友達と宿泊させて頂きましたが、こーんな↓↓↓風に

e699afe889b2

白樺湖が一望出来るダイニングルームの素敵なペンション。小さなお子様連れにも優しい心遣いの&「えーっこんなに!」と驚くボリュームの奥様のおいしい手作り料理が嬉しいお宿です。(お邪魔した時の模様はこちらを読んでね!)

『アンとアンディの絵付きりんご』は、ご予約先着5組だそうです。

ご予約は0266-68-2076まで。詳しいご案内は、このぼくんちのリンクをクリックしてみてね!


☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今週も【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!

Thank you for coming to Raggedy-mania!
Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


2012e8a1a8e7b49901a12012ラガディカレンダー/スケジュール帳好評発売中!!2012 Raggedy Calendars and Schedule Book on Sale!!

If you are interested in getting one for you, please write to akiko@bepcomm.com

2012ラガディ・壁掛けカレンダー 2,520円
2012ラガディ・ポストカードカレンダー 1,344円
2012ラガディ・スケジュール帳 マンスリー 924円
ラガディ『一言日記にも使える』フリーウィークリースケジュール帳 924円

10
7
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko.

今日、日本から1冊の本が届きました。
友人であり仕事仲間であるtomoとtiyo=TUESDAY。
グラフィックデザイナーとして活躍する二人が、企画から、レイアウトまで全て自分たちで手掛けた初めての本。

600A book arrived from Japan today.
The book, “handmade zakka & craft” was from my friends and work partners, tomo & tiyo=TUESDAY.
As graphic designers, they have designed many books, but this is the first of their own.


tomoとtiyoとはちょっとおかしなエピソードがあります。
知ってる人もいるかな、テキスタイルデザイナーのロッタ・ヤンスドッター。今から約5年前、TUESDAYのデザイン&レイアウト監修で彼女の『ハンドメイド・プロジェクト』という本の企画が持ち上がっていた時。
「妊娠したから、本の企画はキャンセルしてほしい」NYのロッタから夜突然の電話。「え、ロッタも?実は私も…」tomoにすぐに電話を入れると「実は僕らも…」。「なんだか私たちの周りに花粉が飛んだみたい…」私たちも編集長さん、ライターさんも笑うしかなし。結局、発売日を少しずらしてもらい、それぞれに初出産、子育てを経験しながら出版にこぎ着けたことがありました。

51boayenpxl_ss500_I have a funny episode with them. When we were planning to published a book, “handmade project” with Lotta Jansdotter back in 2006, I received a call one night from her in NY. She told me that she was pregnant so she would like to cancel the project. I said, “you, too?” I called tomo and tiyo who were going to be in charge of design and layout of the book. And… they told me that they were pregnant, too! All the chief editor and the writer could do was just to laugh about it! Well, we somehow launched this book with a few months delay while each one of us was going through pregnancy and child raising for the first time!!

コールダーに授乳しながら、Macに向かいNYから来るロッタの原稿を訳して夜なべしたのも今となっては、懐かしい思い出。

実は、このファンサイト『ラガディメニア』も彼らのレイアウトなんですよ。
今ではもうすぐ5歳になるtomoとtiyoの双子の娘たち。こんなハンドメイドのある暮らし、幸せだね。とっても素敵な本『handmade zakka & craft てづくり雑貨とたのしい工作』
ページをめくってるだけでも幸せになります。1度手に取ってみて下さい!

This site, Raggedy-mania, was laid out by TUESDAY also! All of our kids grew out to be almost 5 years old. You can see tomo & tiyo’s happy daily life with lots of handmade. If you have a chance, please take a look at “handmade zakka & craft”.

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

それでは、今日もラガディ原作絵本の続きを読んで行きましょう!
Today is a day to read Gruelle’s original books in Japanese.

wpe8a1a8efbc8fe8a38fe8a1a8e7b4991925年に出版された5冊目の『ラガディ・アン ウィッシング ペブル』のお話の続きです。

We will read Gruelle’s 5th Raggedy book, “Raggedy Ann’s Wishing Pebble” published by M.A. Donohue & Company in 1925 today. (I am translating/reading the original books since they were never published in Japanese until today…)

前回までのお話はコチラから>>>

「そうよね、じゃ戻って確かめて来ましょう!」ジャコウネズミ夫人も叫びました。

「やっぱりペロペロキャンディーはないな…」ミスター・ジャコウネズミとみんなは勝手口に着くと言いました。

ラガディ・アンは毛糸の髪の毛に指を絡めながら、考えに考えました。「どうしてかしら…お願いがひとつだけ叶って、もう一つは叶わないなんて…」

「皆さん、リビングへ行きましょうよ。もう1杯クリームソーダを飲みながら考えれば、どうしてなのか考え付くかも知れないわ。」ジャコウネズミ夫人が提案すると

「それはいいアイディアだ!ソーダを飲んだらずっと速く頭も回転するよ!」とウッドチャックのジョージ。

「おやまぁ….」ジャコウネズミ夫人はリビングを見てため息をつきました。「魔法のソーダマシーンまでなくなっているわ!」

後から続いて入って来た仲間たちも、ソーダマシーンがなくなっているのを見てため息をつきました。

そこへ「はっ、はっ、はっ!もちろんないさ!」キッチンから変な声が聞こえて来ました。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

なんだか雲行きが怪しくなって来ましたね。続きは、また次のお楽しみ…

今週も【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!

Thank you for coming to Raggedy-mania!
Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


2012e8a1a8e7b49901a12012ラガディカレンダー/スケジュール帳好評発売中!!2012 Raggedy Calendars and Schedule Book on Sale!!

If you are interested in getting one for you, please write to akiko@bepcomm.com

2012ラガディ・壁掛けカレンダー 2,520円
2012ラガディ・ポストカードカレンダー 1,344円
2012ラガディ・スケジュール帳 マンスリー 924円
ラガディ『一言日記にも使える』フリーウィークリースケジュール帳 924円

【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress