09/2010

09
30
2010

60034 続きを読む »

09
30
2010

60033 続きを読む »

09
29
2010

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko!

9月25日(土曜日)コネチカット州シルバーマインの土地を訪ねて来ました。今日から何回かに分けて、『ラガディ・アンが生まれた家』(原作者グルエルが娘マルセラにラガディの物語を語った家)を動画と一緒にご紹介して行きますね。
(この映像は、現在の家のオーナーであるジョイス&ジェイムス・アンダーセンさんのご合意と許可の元に撮影しました。)

I went to take a part in 2010 Historic Silvermine House Tour in CT last Saturday. I will report the tour of Gruelle’s house and the cemetery with video footages in the course of next a few blog articles. The video was filmed with courtesy and permission of the current owner, Joyce & James Andersen.

14アンが生まれ、ジョニーがマルセラにラガディのお話を語った家。ジョニーの腕に抱えられマルセラが息を引き取った家。

This is where Raggedy Ann was created. This is where Johnny Gruelle told the stories of Raggedys to Marcella. This is where Marcella closed her eyes for the last time in her fathers arms.

ジョニー・グルエルと妻マートル、娘マルセラと息子ワースが過ごした家は、ニューヨークの街から北東に80キロ程上がったところ、コネチカット州の海岸からそう遠くないシルバーマイン地区にあります。

The house where Johnny Gruelle, his wife, Myrtle, his daughter, Marcela, and his son Worth spent from 1912 to 1916 sits in Silvermine, CT, about 50 miles northeast from NYC.

両親の住むこのシルバーマインを訪ね、すっかり気に入ったジョニーは、1910年マートル、マルセラの家族3人でオハイオ州のクリーブランドから、この地に引っ越します。最初は両親の敷地に仮住まいします。

When Johnny visited his parents who had moved earlier in Slivermine, he fell in love with the area. In 1910, Johnny moved with Myrtle, and Marcella from Cleveland, OH, and lived on the property of his parents.

同年、NYヘラルド紙のコンテストでジョニーの作品が1位と2位に選ばれ、この地で安定した収入を確保すると1911年、両親の家の川の反対側の土地にこの家を建てます。

In the same year, Johnny won the 1st and 2nd place in the N.Y. Herald’s cartoon contest. After he secured his income in this new place, he began to build this house across the river from his parents property in 1911.

1912年完成した家に入居。2番目の息子ワースが誕生します。
In 1912, they moved into the completed house and his second child, Worth, was born.

外で遊ぶのが大好きだったマルセラが、近所に住むお友達と何時間も過ごした、ラガディ・アンとアンディの物語のアイディアをジョニーにくれたグルエル家の庭の様子(『ラガディ・アンが生まれた家』ツアー・パート1)をお楽しみ下さい。

携帯のあなたはココから動画が見られるかな?

Please enjoy the first part of his house tour, outside of Gruelle’s house, where inspired Johnny to create the story of Raggedy Ann and Andy and where Marcella spent hours playing with her friend and her playing things.



グルエルの家は、その後のオーナーにより何度かの増築を繰り返し、アンダーセンご夫妻と5人の息子さんの住む現在の家に至ります。

携帯のあなたはココから動画が見られるかな?

The original Gruelle house went through some additions and remodeling to house Mr. and Mrs. Andersen and their 5 sons happily.



Joyce Andersen, the current owner of the house, sent us an additional explanation of the house remodeling! Thank you, Joyce!

“When we purchased the house in 2002, the large rooms off the back of the house were already enclosed with the peaks as they are and the decking already existing. Some of that might have been done during the 1988 construction but some of it was done prior to that as we have heard stories of many events held in those rooms in the early eighties. When we started our renovations in 2007, all we added were the ‘locker room” (off the mudroom, the breakfast room, and the screened in porch. The rest of our renovations did not change the footprint of the house. However, when we pulled up the floors in those back rooms previously mentioned, we found that there was no heat in them since no duct work had ever been laid so we trenched the rooms and added full size trunk lines around the perimeter of both rooms in order to fully heat the spaces! Additionally, we renovated the entire back of the second floor, adding a tiny bedroom where there was once a larger laundry room and larger dressing room. We also redid the kitchen and opened it up to the dining room, creating a more welcoming environment to company. ”

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
さて、ラガディファンのあなたに嬉しいお知らせ!
11月7日発売の『素敵なカントリー』(学研)にラガディ・アン&アンディの特集記事が掲載されるそうです。

『素敵なカントリー』では、ラガディ・アンの100周年に向けてこれから数号に渡ってラガディの特集記事を組んで行かれるそうです。楽しみですね!

初回の特集は、メーカーによって顔立ちが異なるラガディのドールの紹介です。

A Japanese country magazine, “Sutekina (means Wonderful) Country” will feature Raggedy Ann and Andy in the next several issues to start commemorating Raggedy Ann’s 100th Anniversary!!

When it hits the store, I will show their pages here to the audiences who do not have an access to the Japanese magazines. So you will now miss out anything. No worries!!
☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)
Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388efbc882010-09-28-163102efbc89

『はてな?ランド』更新しました!

FAQ Land is updated!

09
28
2010

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko!

14アンが生まれ、ジョニーがマルセラにラガディのお話を語った家。ジョニーの腕に抱えられマルセラが息を引き取った家。

This is where Raggedy Ann was created. This is where Johnny Gruelle told the stories of Raggedys to Marcella. This is where Marcella closed her eyes for the last time in her fathers arms.

220ジョニーとマルセラが眠るローワーシルバーマインセメタリー。

Johnny and Marcella Gruelle rest in the Lower Sivermine Cemetery.

土曜日、コネチカット州シルバーマインの土地を訪ねて来ました。グルエルの家、墓地の様子をビデオで明日から何回かに分けてご紹介します。

I went to take a part in 2010 Historic Silvermine House Tour in CT last Saturday. The tour of Gruelle’s house and the cemetery will be uploaded tomorrow.





09
28
2010

【ご回答ありがとうございました!①の赤のツリーに赤のリボンで企画進めることになりました。今年はラガディのツリーが出来るの楽しみです。】

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
【教えて!】
今年のクリスマスシーズンに、ラガディ・アン&アンディのクリスマスツリーを手作りするキットが発売されることになりました。
メーカーのミササさんの商品開発の担当の方がいくつかのパターンを用意して下さいました。
あなたはどれが素敵だと思う?

①赤のツリー&赤のリボン ②白のツリー&赤のリボン ③白のツリー&黄色のリボン
e38384e383aae383bce8b5a4efbc8fe8b5a4e38384e383aae383bce799bdefbc8fe8b5a4e38384e383aae383bce799bdefbc8fe9bb84e889b2


キットの中の生地をちょきちょき小さく挟みで切ります。
切った布を竹串でちょんちょんと発砲スチロールの芯に押し込んで行きます。
こうしてツリー本体が出来上がったら、
アンとアンディとキャメルの飾りを付けて、リボンを結んで、てっぺんにアンとアンディの星の飾りを付けると出来上がり!

簡単な作業なので小さなお子さんと一緒にも楽しめます。
完成まで約2時間位。

『ラガディ・アン&アンディのクリスマスツリー』
17センチ位のデスクトップサイズだから、
コンピューターの横やキッチン、玄関先にちょこんと置いて飾って楽しめます。

あなたのおうちに飾りたいのは①、②、③のどれかな?

教えてね!

【2010年9月24日更新】
沢山のご意見ありがとうございました!
お陰さまで10月にクリスマスキット(1,680円)、ボタン(473円)、リボン(420円)がそれぞれ発売になります。

121














【ラガディクリスマスツリーキット】ご注文は近くのショップ、もしくはコチラから>>>


32e383aae3839ce383b3efbc92
【ラガディリボン】ご注文は近くのショップ
もしくはコチラから>>>e383aae3839ce383b3efbc91


4e3839ce382bfe383b3efbc92e3839ce382bfe383b3efbc91














【ラガディ木製ボタン】ご注文は近くのショップ
もしくはコチラから>>>


【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress