12/2009

12
29
2009
2009年12月29日(火)

復刊、実現したらいいな。

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。

「コールダー、シンデレラに会いたい。シンデレラに会って写真を撮るの。」
朝ご飯を食べながら、ぼそっとコールダー。

「よし、それがママからのコールダーのクリスマスプレゼントね!」
ということで、日曜日、行って来ました東京ディズニーランド

e382b7e383b3e38387e383ace383a9タイミングよく、入園すると、そこにはシンデレラ。

「コールダー、シンデレラだよ!」

でもなんかばつが悪いらしく、
こーんな顔…


e38182e381b2e3828befbc91でも柵の向うにあひるを見つけると、笑顔になって


e38182e381b2e3828befbc92





こーんな「いい」顔になっちゃうから
不思議だよね、子供って。

ディズニーランドじゃなくっても
良かった感じだけど、
ま、それはそれ(苦笑)




☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

e6898be4bd9ce3828ae381a7e6a5bde38197e38280e382a2e383b3e382a2e383b3e38387e382a32『手作りで楽しむラガディ・アン&アンディ』が復刊したら嬉しいな。
この会報12月22日の記事で書いたら…(読んでないあなたはココから>>>


20091225170035






こんな画像とコメント届きました!

「200人近い人が復刊に投票をしていて、私もこの本が復刊されたら嬉しいなと思います。何か出来ることがあれば、母もお手伝いします。サンプル作品作るのも結構大変ですものね。」

画像は、お母さまがこの本から作ったタペストリーです。


そして…文化出版局の編集者さんにアポが取れました!
来年お会いしてご相談にお伺いします。

復刊なりますように!

復刊を応援して下さるあなたは、
ここに復刊をリクエストするリンクのページがあるので、投票してね。
復刊ドットコムのココをクリック!

そして、復刊まで待てない!というあなたは、
良品で入手した希少な1冊こちらでご紹介しています。リンクに入れないあなたは
03-3812-1455までお電話下さい。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今年も最後まで会報をお読み頂き有り難うございました!
風邪など引かないように、楽しい、笑顔いっぱいの新年をお迎え下さい。

新年は1月5日(火)より新年初の会報をお届けします。
来年もラガディの楽しい情報&企画を沢山お届けしますね。

閉じる前に今年最後の応援のクリックしてもらえると、嬉しいです!(笑)



12
24
2009

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。

200912231219001昨日は、四谷三丁目にある消防博物館へ行って来ました。消防服に着替えて消防車に乗ったり、消火ヘリコプターに乗ったり…
これじゃ、まだ物足りないコールダー「どっか行くー」

200912231628000じゃ、水族館でも行くかっ。

品川に移動後、ボーリング場発見したコールダー「やるー」

一番小さいボールが持てたので『初ボーリング』

ここでもまだ終らず…

エプソン品川アクアスタジアムでイルカのショーを見て、マイケルジャクソンの映画『This Is It』で締め。

行き当たりばったり過ごした昨日の天皇誕生日。なんか「デートコース」じゃん(笑)
あ、エプソンの水族館。あれで1,800円はちょっと高い感じです。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

「福袋欲しいけど、私の結構持ってるアンとアンディの商品と重なりそう…」

な〜んてコメントをもらってしまいましたので、お知らせしますね。

私たちBEPオンラインショップでお買い物してくれたアイテムはちゃんとチェックしてから
福袋を詰めます。


そして、「これだけは入れて!」というアイテムが選べるようになって「も」います。

携帯からも入れるようになりました。
ラガディ・アンとアンディ 幸せを呼ぶ「ラガディ福袋」←倍額のラガディグッズが入ってます。

一気にラガディグッズに囲まれたい!
というあなたにお勧めです。

(携帯からもショッピング出来るようになりました!)

スタンダード 5,250円 ココをクリック>>>
デラックス 7,875円 ココをクリック>>>
プレミアム 10,500円 ココをクリック>>>

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

さて、今日は木曜日。原作絵本を読む日ですね。

e382ade383a3e383a1e383abe8a1a8e7b499第三作目『ラガディ・アン&アンディ and キャメル ウィズ リンクルド ニー』(最初1924年に発売されました。訳すと「しわしわお膝のらくだ」)何度となく重版されて1960年に出版されたものを読んでます。

先週までのお話を読みそびれたあなたは
コチラから


「はっ、はっ、はっ!本当にそんなことが出来るかな?逃げられないようにしてやるぞ。ルーニーの騎士の中の騎士を連れて来い。おまえの鼻をへし折ってやるぞ!」王様は大声で言いました。

「ブブーッ」アンディは王様に負けないような大声で言いました。すると、ルーニーの王様はべーとアンディに向かって舌を突き出したので、アンディも気がつくと王様の鼻をつまんで捻っていました。アンディがあんまりにも強くつねったので、王様の目からは涙が溢れ出しました。

そこへ馬の顔が先についた棒にまたがった、ルーニーの騎士が駆けてやって来ました。騎士はルーニーの王様の前に跳ね上がって近づくと、刀を振りながら「ルーニーの王様が私に切れとお告げの鼻は誰の鼻でしょうか?」と尋ねました。

122409image「この者だ!」王様はラガディ・アンディを指差し叫びました。ラガディ・アンディのもとに駆け寄ったルーニーの騎士はアンディが急いで指でばってんをしなければ、もう少しで鼻を切ってしまうところでした。ルーニーの騎士はラガディ・アンディが両手の人差し指で×を作ったのを見て、どうしていいか分からなくなってしまったのです。

「どうしたらよろしいでしょうか?」ルーニーの騎士は王様に尋ねました。

「戦え!この者が私の鼻を捻ったを見なかったのか!」王様は吠えるように言いました。

「いいえ、見ませんでした。どうやってやったのでしょうか?」騎士は尋ねました。

「こうやってだよ!」ラガディ・アンディはもう一度笑いながら王様の鼻を捻りました。
ルーニーの王様がまた目から出た涙を拭いてい隙に、ラガディ・アンディは寝ていた年寄り馬を起し、背中にまたがりました。そして、指のばってんをやめ、そばに居たルーニーの持っていた長い棒を掴みました。

これはラガディ・アンディが戦う準備が出来たと言うサインです。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

ラガディ・アンディ、ルーニーの騎士に勝てるのかしら?この続きは来週のお・た・の・しみっ!

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。
次回の更新は火曜日の予定です。

閉じる前にここをクリックして応援の「ぽちっ」してもらえると、元気が出ます!(笑)

12
22
2009
2009年12月22日(火)

手作り大好き、集まれ!

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。

土曜日は保育園のクラスで「ポットラック」(各自料理持ち寄り)クリスマスパーティー。

dsc02432リブアイステーキを焼いて行きました。現地で温かいところをスライス。

一切れ味見→我ながら「うまっ」

30分後戻ってみると
鉄板には肉汁だけが残っていた。
どこへ行った、4.4キロの牛の固まり…?(笑)

dsc02435怪しいトナカイを連れたサンタも子供達にプレゼントを持って登場。

サンタはプレゼント配るから役得。
それに引換え
「怪しい」と言われるトナカイパパはなんて損な役回り?!
ま、自分で衣装暢達しちゃった
「自己責任」かっ(笑)

dsc02446これだけじゃ終らない(笑)
アンとアンディも登場。

すっかりハマって衣装ごと帰宅。
次はいつどこに現れるか…

楽しみに待ってるよん!



☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

広島県のルリ子さんから、こんなお便り「写メ」と一緒に届きました!

091216_165601ネットショッピングを最近覚えた私はカントリーカジという素敵なお店とスタッフさんと知り合い、
そこのページから宮本様のところにたどり着きました(^^)v

アンとアンディと巡り会ったのは14年くらい前
友達の紹介で飛び込んだトールペイントの教室でした。そこの先生がフリーハンドでアンちゃん達を沢山描いていて一目惚れしてしまいました。
それまでお花しか描いてなかった私ですが、今ではアンちゃんのとりこです。

私にとってアンちゃん達は癒しです。17才19才21才と三人の子供達がいますが、私のアンちゃん病には呆れていますo(><)o
でもめげずにこれからもずっとファンでいたいです。最近描いた小物入れのトール
添付します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルリ子さん、素敵な作品送ってくれてありがとう!
そして、このメールで、まだオープンしてなかったこの【ラガディメニア】の
『クリエーターズランド(手作りの世界)』のオープンを決めました。

最初はこの『クリエーターズランド』で「手作り作品コンテスト」を企画しようかな〜って思ってました。

けど、このファンサイト【ラガディメニア】の目的は、アンとアンディが好きな『ラガディメニア』の輪を広げること!

ご紹介する1つ1つの「手作り」には、あなたからの「コメント」も送信出来るようにするから手作りファンの交流の場になったら嬉しいな。

オープンのお知らせはこの【ラガディメニア】会報でお知らせします。

あなたの作品の投稿&作品へのコメント待ってます。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。
最近「手作りキット」を作って欲しいというコメント、たっくさん頂きます。

ルリ子さんのように「手作り」がきっかけで、アンとアンディの世界に入るファンの存在も無視出来ません。

それで、今アンとアンディの「手作りキット」が作れないかいくつかのメーカーさんと企画を進めています。

e6898be4bd9ce3828ae381a7e6a5bde38197e38280e382a2e383b3e382a2e383b3e38387e382a3それと、これは私の個人的願望なのだけど…1992年に文化出版局から発売された『手作りで楽しむラガディ・アン&アンディ』の本、復刊出来ないのかな?

パッチワークで有名な斉藤謡子さんがご紹介しているドールやタペストリーなど、中味の手作り作品もとっても素敵な上に、アンとアンディのことが楽しく紹介されていて、とっても素敵な本なんです。

ここに復刊をリクエストするリンクのページがあるので、「私も!」というあなたは
是非クリックして見て!

『手作りで楽しむラガディ・アン&アンディ』の本を復刊希望するサイトは復刊ドットコムのココをクリック!

次回の更新は木曜日の予定です。
寒いから風邪引かないでね!

12
17
2009

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。

dsc0241412/5〜6日、福島市でのイベント
『ラガディ・アン&アンディが木こりやにやってきた!』

薪ストーブで作ったポップコーンに
ご満悦の『リトル』アンディ(笑)




dsc02410薪ストーブやオーダーキッチンを施行販売されている福島市の「木こりや」さんは、年に4回イベントをしています。

今回のクリスマスイベントに「アンとアンディ」を呼ぼう!と企画してくれた齋藤さんとショールームにてパチリ!

アンとアンディを連れて来てくれたファンには、齋藤さんが手作りしたラガディソープをプレゼント。多くのファンがラガディと駆けつけて、もう少しでソープが足りなくなるところ(汗)嬉しい悲鳴!

dsc02400「ラガディのことがもっとよく分かって、更にアン&アンディが身近に感じられました!」

「アン&アンディは誰が愛娘のマルセラに作って聞かせたお話ですか?」etc…ラガディ・アン&アンディのクイズラリーに参加してくれたファンのコメント。


dsc02408dsc02403「ポーセラーツ」って知ってますか?

ポーセリン(=陶器)に、好きな絵柄の専用シールを貼って焼き上げます。
イベント当日は、それぞれがアンとアンディのオリジナルマグを作っていました。

今回教えて下さったポーセラーツ倶楽部Mahalo(マハロ)では随時、生徒さんを募集しています。
お近くで興味のあるあなたは先生の東海林(しょうじ)さんに連絡してみてね!福島市泉字前田23-37 Tel 024-557-4645/090-1494-5941 

dsc02407「齋藤さんの影響でアンとアンディを好きになりました。」100名を越える人達が木こりやに集まりました。

「ファンの一人として、こうしたイベントを通じて、もっともっとアンとアンディが広まったら嬉しいです。近くにもアンとアンディのショップはあるんですよ!」と齋藤さんは市内のファンにご案内してた『手作りショップすも〜る』

「え〜っ、こんな近くにラガディのお店があったの?」
みんなも思わぬ情報にとっても嬉しそうでした。

手作りショップすも〜る
福島県福島市南矢野目小泉1-21
024-558-1262
small_yanome@hotmail.co.jp
http://6814.teacup.com/small/shop

「これからも手作り教室等を通して、アンとアンディの広報活動をして行きたいです。」とおっしゃっていた齋藤さん。
これからの活動も楽しみにしています。
2日間お世話になりました。そして、次のイベント楽しみにしています!

アンとアンディの次のイベントにご興味があるあなたは、齋藤さんまでご連絡下さい。

木こりや
福島市瀬上町字五月田5
TEL 024-553-5037
FAX 024-553-5122
http://www.kikoriya.jp/

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
さて、今日は木曜日。原作絵本を読む日ですね。

e382ade383a3e383a1e383abe8a1a8e7b499第三作目『ラガディ・アン&アンディ and キャメル ウィズ リンクルド ニー』(最初1924年に発売されました。訳すと「しわしわお膝のらくだ」)何度となく重版されて1960年に出版されたものを読んでます。

先週までのお話を読みそびれたあなたは
コチラから


「ホブゴブリンは、どうしてゴブルをホブル出来たのかな?このなぞなぞを当てたら、バイオリンを上げるぞ!」王様は言いました。

「アン、あなたの答えに間違いはないわ!だってルーニーの王様は自分でもなぞなぞの答えを知らないんですもの。」ジェニーはアンにささやきました。

「分かったわ!」ラガディ・アンは大きな声で答えました。

「もし分かったなら、その答えを聞かせてもらおうか。」王様は言いました。

「ホブゴブリンはゴッゴホブリンを使ってホブルをゴブリングするから、ゴブルをホブル出来たのよ!」ラガディ・アンは答えます。

「よろしい!」王様はそう口にしたところで、ラガディ・アンになぞなぞに全部答えて欲しくなかったことを思い出し

「いや、だめだ!」と言い直し「そんなに簡単になぞなぞの答えを出させる訳には行かんぞ。まだもっと続きがあるんだ。」と興奮して言いました。

「そんなの公平じゃないわよ。私が3つのなぞなぞに答えられたら、ジャンを返してくれるって約束したじゃない。約束を守らないのは公平じゃないわ。」ラガディ・アンは言い返しました。

「気が変わったのだ。あと3つなぞなぞを出す。その3つにも答えられたら、ジャンを返してやろう。」王様は言いました。

「それは出来ません、王様!最初に3つと言ったじゃないの。だから3つなぞなぞに答えたわ。次の3つのなぞなぞの後、また王様の気が変わらないとは限らないわ!」ラガディ・アンは答えました。

「もちろんだ。私の気が変わらないという保証はないな。でも私の気が変わるのは私の勝手だ。」王様は言いました。

「えっへん!」ラガディ・アンディは2人の間に入って「ラガディ・アンはなぞなぞに答えたんだ。だからジャンを連れて僕たちは出て行くよ。」言いました。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
なんだか変な展開になってます。ラガディ・アンディは身勝手な王様を言いくるめる事が出来るのかしら?続きは来週のおたのしみ…

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。
次回の更新は火曜日の予定です。

閉じる前にここをクリックして応援の「ぽちっ」してもらえると、元気が出ます!(笑)









12
15
2009

お待たせしました!アン&アンディが大好きなAkikoです。
1週間ぶりの会報の更新になりました…

やっと熱も下がって、意気込んでコールダーを登園させた金曜日。
「お母さん、溶連菌は熱が下がってから1日は登園させないで下さい。」

がくっ。
200912101423000気を取り直して、家に帰りお弁当を作って
荒川自然公園へいざ出陣(笑)

サンタさんへのお願いは「三輪車」
「乗れるようになったらサンタさんがくれるかもよ?」

後どの位乗るか分からない三輪車はパスして、
自転車にしてくれるといいなと思ってたとこに
補助付きの自転車が!

しめしめ…

最初は、上手に乗れずにベソかきながらも
1日の終わりにはすっかり乗れるようになりました。

ほぼ一週間仕事にならなかったのは「想定外」だったけど、
ま、こういういい事もあった1週間でした。
☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

そして、こんな嬉しいメールも届いてました!

宮本様

金曜日はラガディメニアの会報を2008年3月から全て網羅していました。
朝から晩まで、かかりましたよ。(途中、ちょこちょこ昼寝したりし
たからだけれど(^^;))

→そ、それは凄い!最初から読破ですか?感激。

ラガディ・アン&アンディのストーリがとても素敵で楽しくて
会報を読む前よりもっともっと好きになりました。
こんなに奥が深いなんて知らなかった。。。

→そう言って頂けて嬉しいです。この1年と9ヶ月続けて来た甲斐がありました!

コールダー君の成長ぶりもかわいくて、私も男の子の予定だから
なんだか将来を観ているみたいで・・(^^)
高熱が出てしまったみたいですけど具合は良くなりましたか?

→お陰さまで…

私がラガディ・アン&アンディを知ったのは今から約3年前です。
当時入籍をしてフルタイムの仕事を辞め、結婚式→新婚旅行を控えており、
新たにパートの仕事をするまでの間3ヶ月位の期間に『私のカントリー』にはまり、
同時にインテリアに凝り始めました。

フレンチカントリーよりもアメリカンカントリーに惹かれた私は雑誌に載っている
素敵なアメリカンインテリアにほぼ高い確率で飾られている
ラガディ・アン&アンディを見つけて、
【わあかわいい!けど何だか不思議と懐かしい感じがする暖かいキャラクターだな~】
とインパクト大きかったんです。

→へぇ〜。

でもその後パートタイムの仕事を始め、さらに再度フルタイムの仕事を
しなくてはいけなくなってしまい、あまりインテリアに凝る事が出来ず・・・・

→ありゃりゃ..

この度、出産で仕事を辞め、再燃しちゃいました!
インフルエンザも怖いし、お腹も大きくなっていたので家に引きこもってて
時間もた~ぷりすぎるくらいあって・・・・
昔のインテリアの本を引っ張り出してきたり最新の本も読みまくり・・・
ネットのカントリー雑貨のサイトも観まくり・・・、
そこでやっぱりかわいいラガディ・アン&アンディの商品に惹かれて
中古のものからたくさん検索しました。

09141701_4aadf870dd1d6そんな時、ラガディ・アン&アンディの母子手帳(通帳)入れのプレゼントキャンペーンを知り、これは絶対に欲しい!と思ってすぐにネットにアクセス
→見事に当選☆☆☆
先日、素敵なラッピングと共に届きました。
もうすごいかわいくてとっても気に入りました!!ありがとうございます。


→おめでとうございます!
「ラガディのプレゼント」はオンラインショップで毎月やってます。
こちらのプレゼントリンクをクリック>>>左下のQRコードからも入れるよ!present



いつ出産になるかわからないけど、クリスマスと誕生日(1月)に自分のプレゼントとしてこれからたくさん注文する予定です。(^▽^)♪
これから未知の子育てと奮闘するときの心強い味方(癒し)になってくれそうだから☆



そこで、また質問させて下さい。
福袋とかは出る予定ですか??もしあるなら予算内で計算して他の
アン&アンディグッズを買いたいので。<(_ _)>

長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

→ はい、いづみさんのご要望にお応えして「福袋」急遽作っちゃいました(笑)

題して【ラガディ・アンとアンディ 幸せを呼ぶ「ラガディ福袋」】

12/28までにご予約頂いた分のみの受付となります。
中味は「しーっ」(笑)
とにかく新年からラガディがい〜っぱい届いて「初笑い」すると思います。

福袋は【返品は御請出来ません】
キャンペーンとの併用は出来ませんが、
他の商品とは【喜んで】一緒に発送させて頂きます!

ラガディの福袋は
スタンダードデラックスプレミアムの3タイプ。
さて、あなたはどれにする???
迷うのも楽しいよね!

福袋はコチラのリンクをクリックするか、お電話03-3812-1455で受付けています。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

そうそう、月曜日「お迎えコール」の前に1つだけお仕事をして来ました。
児童書を出している某有名出版社に、考えてみたら大学時代の友達が勤めていました。
彼女の結婚式以来、ほんと11年振りに連絡を入れてみました。

「何の連絡か」って?

いづみさんも「素敵で楽しい」と言ってくれたラガディの原作のストーリー
日本でも出版出来ないかな?と思って私の訳本を持って、相談に行ってみました。

いつか日本語でラガディの絵本が出版されたら素敵。
そしてもっと将来
「あ、アンとアンディね。私、小さい頃本で読んだよ!お母さんも好きだったの。」
なんて日が来たら…いいね。

今日も最後までお読み下さってありがとうございます!
「インターネット」や「ブログ」ってすごいですねぇ。と改めて感心。

だって、いづみさんが【ラガディメニア】の会報を読破してくれた金曜日は、私がコールダーを公園に連れて行ってた日。
そこにいなくっても、誰かがアンとアンディのことを読んでくれて、もっと好きになってるんだもん。素敵!

みんな、ありがとう!


次回の更新は木曜日。
福島のイベントレポートとラガディの原作絵本を読みます。

閉じる前にここをクリックして応援の「ぽちっ」してもらえると、元気が出ます!(笑)

【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress