03/2008

03
27
2008

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
ブログランキングに参加しています。

笑顔で頑張るママ達の『心の声』を1人でも多くのママに広げたいから…
ここ↓をクリックしてから先を読んで欲しいな〜。
ここをクリックして、ブログランキングのランクアップを応援してくださいね。
______________________________________
アン&アンディのカレンダー、私はこんな風に使ってるよ!と福島県の佐登美さんからおたよりが届きました。

アン&アンディのショップではなく、田舎なので、いろいろな雑貨を扱うお店で
このカレンダーが1つだけ壁に飾ってあり目を引く物がありました。

毎日のスケジュールはもちろん
家計簿代わりになること
額に入れて飾ればアートになります。

このカレンダーがあることで
イヤなことを忘れて
何か楽しいことを考えたくなります。

何か…手芸や、お菓子作りや、ペンキを塗って木工やら、ハーブを植えたり…など

アン&アンディは主人の妹が好きで、ある時お土産で
陶製の小さな立ち人形をもらって
ちょっとアンティーク風の物で、大変気に入り大事にしています。
それから少しずつ集め始め、アン&アンディの人形キットを買い、
2体作り、お礼に妹にもプレゼントしました。

ご主人の妹さんと仲良しステキですね。
家計簿という使い方は以外でした…
あなたにも「私はこんな風に使ってるよ」があるのかな?

03
25
2008

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
ブログランキングに参加しています。

笑顔で頑張るママ達の『心の声』を1人でも多くのママに広げたいから…
ここ↓をクリックしてから先を読んで欲しいな〜。
ここをクリックして、ブログランキングのランクアップを応援してくださいね。
_____________________________________

アン&アンディのもとに佐賀県の恵子さんからお便りが届きました…

佐世保であった手作りイベントで「あなたもアン&アンディファンなの?」って
佐賀から来ていた私に気さくに話しかけて頂いたのがきっかけで
アン&アンディがずごく好きになったのです!お友達が増えました。

私は小さい時からカントリー雑貨が好きで、よく母と姉と一緒に買物に出掛けてました。
小学校の頃からなぜか家にはアンとアンディのクッションがありました。
その頃はあまりにも普通に使っていたので不思議に思ったことはありませんでした。
アン&アンディに目覚めたのはカントリードールの教室に通い始めてからです。
手作りの雑貨のお店、イベントに参加し、アン&アンディの奥の深さを知りました。
古本屋さんで、カントリードールの本を見つけては買いあさり…
どの本にもアン&アンディのかわいらしい雑貨がのってます。
素朴で、優しい色使い、しぐさ、可愛らしい表情
なんといっても、ほっとするような親しみ易さが、一番の魅力だと思います。

カレンダーには思った事、予定、その日あった事、楽しいことや絵を書いてみたり…
毎日いろんな事がありますが、落ち込んだり、嫌な気持ちになったり、元気がなくなったり
そんな時、アン&アンディのほのぼのとした表情を見ていると
前向きな気持ちになって、頑張らなきゃって!!思って元気が出て来ます。

あなたにもアン&アンディがきっかけで知り合いになった人達やお友達がいますか?

03
21
2008

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
ブログランキングに参加しています。

笑顔で頑張るママ達の『心の声』を1人でも多くのママに広げたいから…
ここ↓をクリックしてから先を読んで欲しいな〜。
ここをクリックして、ブログランキングのランクアップを応援してくださいね。
___________________________________

アン&アンディのもとにこんなお便りが届きました…

「アン&アンディのキャラがなんのキャラなのか知らない人が多いです。
雑貨やドールなどが好きなら、この子達好き!かわいい!と思うはず」
(神奈川県の由美さん)

「アンの生まれたプロセス・ストーリーをもっと広めて、娘を持つ母親達に浸透させればファンが増えると思います。」(大阪府の真佐子さん)

note-021

note









由美さん、真佐子さん、お手紙ありがとう。
お礼にアン&アンディから届いたのがこの画像とメッセージ

これから出る私たちアン&アンディのリングノートの
裏表紙には
『ラガディ・アン&アンディ』の誕生の秘話が
登場します〜
たのしみにしててね!(アン&アンディ)


ノートが出来上がるのには、まだちょっと時間があるので
ラガディアンとアンディはこうして生まれました…

『ラガディ・アン&アンディ』の誕生の秘話

今から90年以上前のこと。アメリカ、イリノイ州の田舎にマルセラという女の子がいました。

ある日、屋根裏でぼろぼろのラグドールを見つけます。予防接種の感染が元で、外に出ることも出来ないマルセラに唯一のお友達ができました。父親のジョニーはそんな愛娘に、他の子と同じように様々な経験をさせてやりたいと思います。毎晩お話を作って、マルセラの親友のラグドールを登場させて語り聞かせました。

父ジョニーの祈りもむなしく、マルセラは13歳でこの世を去ります。愛娘を失った悲しみはどんなに深く切ないものだったのでしょう。

そんなジョニーの心を癒してくれたのは、マルセラのお気に入りのラグドールでした。ジョニーはこのドールを『ラガディ・アン』と名付けます。マルセラに聞かせていたお話をまとめあげ、自作のイラストといっしょに1918年に『ラガディー・アン・ストーリーズ』として出版します。同時にハートのキャンディを縫い込んだアンドールも一緒に発売しました。

その後、アンの弟のアンディが登場する『ラガディ・アンディー・ストーリーズ』が出版されます。アンとアンディのふたりが主人公のお話は、愛や友情、そして冒険心の大切さを語り多く人の心に深く刻まれるようになっていきました。

アン&アンディの胸には今も変わらずに『I Love You』のハートがプリントされてます。それは、マルセラを想うジョニーの心であり、私たちに愛の大切さを教えてくれる甘くて優しいキャンディーのハートなのです。

03
18
2008

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
ブログランキングに参加しています。

笑顔で頑張るママ達の『心の声』を1人でも多くのママに広げたいから…
ここ↓をクリックしてから先を読んで欲しいな〜。
ここをクリックして、ブログランキングのランクアップを応援してくださいね。
________________________________
「アン&アンディを知らなかった主人が
カレンダーで知って、色々とグッズをプレゼントしてくれる様になりました。」

アン&アンディのもとに東京都の昌代さんからこんなおたよりが届きました。

すってき〜

(あんまり素敵だから3月25日発売の『ZAKKA BOOK』でもご紹介しちゃいました。良かったら探してみてね。)

恋人やダンナさまからのプレゼントは、うれしぃ

けど、もらった時どういう顔していいか分からないのって
ない?

パパが先々週買って来てくれたお花…
白と黄色と紫の菊
こりゃどうみても仏様にお供えするのだよね(苦笑、パパ外人…)

アン&アンディのカレンダーが

ご主人の奥さまのニコニコ顔のヒントになって
奥さまはホントに嬉しいプレゼントがもらえるきっかけになった

昌代さんは
テレビでタレントのカイヤさんのおうちを放映していて、
カントリー家具や木工細工と一緒に
アン&アンディがたくさん飾ってあってすごくかわいいのでひとめぼれしたそうです。

全然、アン&アンディグッズのお店が近くにないので、ファンクラブみたいのを作って下さったら入会します。

ということで…
このブログ始めてみることにしました。

昌代さん、どおでしょう?

そして
ブログを読んで下さってるあなた

あなたからの感想をもらえたら
嬉しいなあ。

(下のCommentsってところをクリックするとコメントが書けます!)

【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress