ラガディアン&アンディのお店

10
31
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
ちょっとご無沙汰していました。先日10月7日(金)23時53分に次男サムが生まれて来ました!今回は計画出産…
と言ってもお医者さんにお願いした訳じゃなく、語りかけ(笑

Hi This is Akiko. Sorry it has been a while since I last updated the blog. Our second son, Sam, was born at 23:53 on Oct. 7. It was a planned delivery not with help from a doctor, but with talking to Sam!

予定日は18日。
コールダーが11月3日のパパの誕生日に生まれて来たから、今度は私の誕生日10月12日をホントは狙ってたんです…
でもね、12日も含めてお仕事の予約で10月はすっごい過密スケジュール!
The due date was 18th. Calder was born on his dad’s birthday. So I was actually aiming for my birthday this time on Oct. 12.
However, I realized that my October schedule was already filled with work.

で、5日(水)にスケジュール帳を開けてお腹に言ってみたんです。
「今週末は、予定が入ってないからもう出て来てくれるといいんだけど…それも金曜日コールダーのお迎えの後くらいかなー」
So I talked to him, Sam to be, in my belly. “You know, this weekend kind of works for us…nothing planned and it is even better if you come out after your brother gets picked up from school.”

当日は38週目だったので、初めて下の検査があり(日本と違って子宮口ここまでチェックしないんですよ!)3センチ開いてると…
「でしょ?だから早く診て欲しかったのよー」と思いながら取りあえず帰宅。
前回のこの時点ではもう病院にいたので、パパに「たぶん今日出てくるから、やること片付けて来る」と伝えて
お客さまから頂いてた仲介料の小切手をダウンタウンのオフィスに届けたり、銀行行ったりしてるうちに「きゅーっ」と来ました。
It was 38th week that morning and the doctor finally checked down there. I was already dilated 3 cm and I was already at the hospital by this point with Calder. So I told Gary that it would be today so I need to finish taking care of some business before I left home again. After delivering a check from my client to the downtown office and going to the bank, I started to feel a cramp.

夕方コールダーの保育園から「下痢と微熱でお迎え要請」があったところで、踏ん切りが付きパパに先に病院に落としてもらうことにしました。
予定日にまだ11日もあるから「何しに来たの?」顔の病院。
ここでカチンと来ないのは40を超えた証。心配にならないのは2人目の余裕?!「一人目が早かったので、二人目の時は早く来てねと言われて」と説明をして、1時間機械につながれ、病院受け入れが決まった頃、保育園からパパとコールダーが到着
So I hurried home and started to get ready to go to the hospital. Around that time, Calder’s school called to tell us he needed to be picked up because he was having diarrhea and running some fever. That call made me decide it was time to go! When we got to the hospital, they looked at me like “aren’t you over-reacting a little?” probably because there was still 11 days until the due date and also I walked up to the check-in counter instead of being carried in a wheel chair. In any case, I was plugged to a machine for an hour to assure them that the baby was ready to come out soon. Calder and Papa arrived when I was admitted.

まだ生理痛+くらいの痛みの時点で既に麻酔なので、ほとんどお産じゃありませんでした(笑日本での無痛分娩とは比べものにならない強い麻酔なので、痛みだけじゃなく「衝動」すら感じないんです。
さらに子宮が開くのを待ってるうちに眠気まで襲い、うつら、うつらとしているうちに「じゃ、そろそろ先生を呼びます」
寝てるところを起こされて「生みますよ!」って言われても実感が湧きませんよねー。
To make a long story short, I was given epidural right then, waited a little more, and delivered the baby. lol… Ok, that is a little too short!! Compared to the first time in Japan with Calder, it was far from labor and delivery. (I asked for epidural in Japan, too, but they make you wait until it is time for delivery. So you go through most of the labor part and pain as you choose natural labor & delivery.) The amount of epidural given here even made me sleepy. Around 11pm, the nurse came in to tell us it was time for delivery! With a doctor’s arrival at 11:30 pm, I was told to push.

12歳以下は立ち会いだめなのが病院の方針みたいなのですが、来てくれた産科の先生はコールダーが大丈夫ならいいよって雰囲気でしたので、そのまま全部見てました、泣きながら。
後から「皮を切ったよね」なんて言っているので、ちゃんと全部見てたんだな、と思います。
泣いてたのは後から聞くと「ママが死んじゃうかも知れないと思ったから」なんだそうです。部屋を出て行かなかったのはそういうことだったのか…
私的には全然痛みがないので、「死にそう」からはほど遠かったのですが、確かにお産アメリカの場合、日本は肩越しから立ち会うのに下からなので通訳した時「かなりお産ってグロテスクなんだなー」と私も思いました。
(仕事じゃなかったら見てられなかったかも)
We were told that kids under 12 years old could not be there during the delivery, but the doctor did not ask Calder to leave so he stayed there and witnessed the whole process. He had tears in his eyes, but never tried to leave. He told me later the reason. He thought that I might die. (Oh, that is why he couldn’t leave!) To me it was far from dying because I did not feel a thing, but I have been in his position before when I interpreted labor and delivery a few times. It was quite gross watching from the bottom end and I probably could have not done that if it was not work.

そんな具合で予定出産(笑)無事完了。日曜のお昼過ぎに退院、翌月曜日からお仕事に復帰させてもらいました。
コールダーも赤ちゃん返りすることなく、いいお兄ちゃんしています!
In any case, our son, Sam, came out as I planned in the weekend. I was discharged from the hospital on Sunday and went back to work by Monday. Calder does not seem to regress with his little brother’s birth, but he is rather being a good big brother.

dscf6373dscf6395
dscf6406dscf6417

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

第2回『アンのりんご祭り』@白樺湖ペンションぼくんち


2nd Raggedy Ann Apple Festival at Pension Bokunchi in Lake Shirakaba

A group who stay at Pension Bokunchi between Nov. 12 and 27 with two meals & an apple picking plan receive a Raggedy Ann and Andy apple!

りんごの季節になりました。
そして、今年は第2回になる『アンのりんご祭り』が白樺湖のペンションぼくんちさんで開催されまーすっ。

期間:11月12日(土)〜27日(日)

上記の期間中に2食付で宿泊され、ぼくんち宿泊者専用の「ぼくんちりんご農園」にてりんご狩りをされた、アン&アンディーファン1家族に付き1ケ「アン&アンディーのりんご」をプレゼントいたします。

『アンとアンディ』の絵付けリンゴが育つ様子…

ragadyapple-37月上旬にりんごがまだ小粒の時に袋かけをします。

Early July when apples are still small, each apple gets covered with a bag like this.




ragadyapple-59月下旬に袋を外して、シールを貼り付けます。
アン&アンディの絵の貼り付けは、りんごが球体の為、苦労しますが、剥がれずに色がつけば、とても良いできです。

Late September, bags are taken off and a Raggedy Ann and Andy sticker are placed on each apple.
ragadyapple-7いよいよ収穫。

11月中旬にはりんご全体が赤くなるので、収穫後にシールを剥がすのが楽しみですね。

Mid November, apples are ready to be picked by you!

「もう蜜がいっぱいで、すんごく美味しいの。もうお店のりんごは買えないかも…?!」とは去年『アンのりんご祭り』に参加され、アンとアンディのショップDoll Gardenを営む渡辺さんのコメント。

If you are interested in staying at Pension Bokunchi, please call 0266-68-2076 for more information. They have such a gorgeous view from their dining room and bathroom like this!

ペンションぼくんちさんには、私も2年前コールダーと保育園のお友達と宿泊させて頂きましたが、こーんな↓↓↓風に

e699afe889b2

白樺湖が一望出来るダイニングルームの素敵なペンション。小さなお子様連れにも優しい心遣いの&「えーっこんなに!」と驚くボリュームの奥様のおいしい手作り料理が嬉しいお宿です。(お邪魔した時の模様はこちらを読んでね!)

『アンとアンディの絵付きりんご』は、ご予約先着5組だそうです。

ご予約は0266-68-2076まで。詳しいご案内は、このぼくんちのリンクをクリックしてみてね!


☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今週も【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!

Thank you for coming to Raggedy-mania!
Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


2012e8a1a8e7b49901a12012ラガディカレンダー/スケジュール帳好評発売中!!2012 Raggedy Calendars and Schedule Book on Sale!!

If you are interested in getting one for you, please write to akiko@bepcomm.com

2012ラガディ・壁掛けカレンダー 2,520円
2012ラガディ・ポストカードカレンダー 1,344円
2012ラガディ・スケジュール帳 マンスリー 924円
ラガディ『一言日記にも使える』フリーウィークリースケジュール帳 924円

投稿者名:akiko(00:49)4 コメント
07
8
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko! How was your 4th of July weekend?

4thofjuly3We spent our weekend, putting flags up in our neighborhood and going to the Wilds(10,000 acre conservation center in southeastern Ohio) with three boys.

週末はアメリカ独立記念日で3連休。
土曜日は、近所に星条旗を立て、次の日は日本から帰国したパパを空港に迎え、最後の日はミシガンから遊びに来たアレックスとアンチュリオと一緒に『the Wilds』というオハイオ州南東にある自然保護センター(サファリパーク)に行って来ました。


panorama

112
43

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

ブログに茨城県でアンとアンディのショップWoody Dollを営む小林さんからお手紙を頂きました!
We received a message from the owner of Woody Doll, Raggedy shop in Ibaraki, Japan!

こんにちは お久しぶりです。ウッディドール小林です。
震災のほうも少しづつ落ち着きはじめ、毎日の生活に負われてます。
ここ何日かでいろんな出会いがあったのでつい懐かしくてメールしました。

Hello. It’s been a while. This is Kobayashi from Woody Doll.
We are getting close back to our normal life after the earth quake and tsunami.
I came across many people in the past a few days which reminded me of this site.

わざわざ千葉からご家族で当店に来たくてとご主人息子さん奥さんで来られ5,6日とお泊りで連続で来られました。息子が休みとってつれてきてくれたんです。本当に幸せなご家族でした。

One family from Chiba, a husband and wife and their son, came all the way from Chiba to visit our shop. Their son took days off to take his mom who is a Raggedy fan.

そのときは偶然当店に昔からこられていた方も赤ちゃんを抱いて偶然ご来店、暑い中皆汗かきかきラガディの話で盛り上がり これもラガディが引き寄せてくれた、縁です。
その日5日はイオン大宮店のラガディファンが何人か訪れ、次の日6日も茨城の西の筑西市からもわざわざ初めてドールを買いたいと、7日の今日七夕も大宮店にご家族で若い娘さんが大ファンで「可愛い可愛いの連発」なんかここ3日更にラガディの想いが深まりました。
3世代4世代超えて日本でもラガディファン増えてますよ。

Our long time customer came that day with her baby and we all enjoyed talking about Raggedy Ann and Andy. Other long Raggedy fans, a first time customer to buy her first Raggedy doll, and another family whose young daughter is a big fan of Raggedy all visited in the past 3 days. The 3rd and 4th generation Raggedy fans are here in Japan.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小林さん、お手紙ありがとうございます。
震災後どうしてるかな?と心配していたので、とっても嬉しかったです。
また、日本に帰国した際にはぜひお会いしたいですね。アメリカにもラガディを訪ねて来てください!

アメリカのラガディ名所はここにまとめました!
ここをクリック→【アメリカ、アンを訪ねて】

Kobayashi-san,
Thank you for your letter. I was wondering about you after the disaster. So I am so happy to hear from you! I would love to see you again. Please come and visit Raggedy Ann in USA, too!
Here is a link to Where You Can Meet Raggedy Ann in America

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

では少し久しぶりになってしまいましたが、ラガディ原作絵本の続きを読んで行きましょう!
Today is a day to read Gruelle’s original books in Japanese.

wpe8a1a8efbc8fe8a38fe8a1a8e7b4991925年に出版された5冊目の『ラガディ・アン ウィッシング ペブル』のお話の続きです。

We will read Gruelle’s 5th Raggedy book, “Raggedy Ann’s Wishing Pebble” published by M.A. Donohue & Company in 1925 today. (I am translating/reading the original books since they were never published in Japanese until today…)

前回までのお話はコチラから>>>

ミスタージャコウネズミは、飲んでたそーだのグラスを置くと道具箱のところへ走って行き、大きな釘を持って戻って来ました。

「ほら、これで君たちの口の真ん中のところに穴を開けよう。ストローがぴったり入る大きさにね!」

「アンとアンディ、痛くないの?」ジャコウネズミ夫人は心配しました。

「ちっとも痛くないよ!だって僕たちのお顔は白いコットンがいっぱい詰まってるからね。それに、顔や体が破けるなんてしょっちゅうさ!だから、痛くないって知っているんだよ、ジャコウネズミ夫人。」ラガディ・アンディは笑いながら答えました。

scan-111880002それを聞いてミスター・ジャコウネズミが、ラガディたちの口に2つの穴を掛けると、ジャコウネズミ夫人は二人にバニラ味のソーダを注ぎました。

「バニラならコットンが濡れても、イチゴ味やラズベリーやチョコレートのようにはシミにはならないでしょう?」

ラガディ・アンとアンディはストローを通してソーダが飲めることに驚きました。それに、コットンのお顔はソーダでぬれたりしなかったのです!

「ラガディ・アンディ!私たちソーダはすっかり飲めないと思い込んでもったいないことをして来ちゃったわね。」ラガディ・アンは驚いて叫びました。

「僕も今ちょうど同じことを考えてたんだ。バニラが大丈夫なら、きっとラズベリーもシミにならないよね!」ラガディ・アンディが答えます。

「それなら私はストロベリーが飲みたいわ!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アンとアンディ、コットンにソーダがシミにならないのはいいけれどお腹は壊さないかな??
「なんでも出来ないときめつけないで、やってみましょう!」って大切なことを教えてくれる
素敵な一場面でしたね。

さて、続きはまた来週のおたのしみ….

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
今週も【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!
Thank you for coming to Raggedy-mania!

Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


第3回アルコラ、フレンドシップギャザリングの開催を記念して、ラガディ•ギフトショップでは6−7月のプレゼントに、ブログで掲載したディナーマットと新聞をまとめて1名の方にプレゼントします。応募要項はこちらをクリックしてね!

投稿者名:akiko(00:07)2 コメント
03
1
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko.

600お陰さまで引越も無事終りました。
ベッドルームも増えたので、トロントから3人目のホームステイ、Shungoを迎えました!

We finished moving. Now we have more bedrooms, we received a 3rd homestay student, Shungo, from Toronto!

コールダー「地球は小さいよね。」
Shungo 「地球は大きいよ。」

Calder “The earth is small, isn’t it?”
Shungo “I think the earth is big.”

うーん、1才になる前に、13の国を訪ねたコールダー。4才の彼の地球は、4才だった私の地球に比べればかなり小さい…かも。

Calder visited 13 different countries by the time he turned 1 year old. His earth at age 4 is definitely smaller than mine when I was four.

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
e789b9e588a5e5b195e383bcefbc91
さて、以前お知らせした横浜人形の家で開かれている『ラガディ・アン95周年記念展』の現地レポートが届きました。

Here is a report from Yokohama on “Raggedy Ann 95th Anniversary Event” being held right now through March 17, 2011.



6001宮本さま

人形の家で(2月)12日から開催のラガディアン95周年記念企画展の写真を送ります。

Ms Miyamoto,
I sent you some pictures from Yokohama’s Raggedy Ann 95th Anniversary event.

6002スタートから雪模様で、まだまだ観光地横浜に春は訪れていません。

It was snowy the day it started on Feb. 12. The spring has arrived her in Yokohama yet.

6003やっと先日ラガディアンの着ぐるみ登場で、活気付いたかな~という感じです。
また写真送りますので、応援よろしくお願いします。
WRINKLE RAG うえの

Raggedy Ann’s arrival livened up the event!
WRINKLE RAG Ueno
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うえのさん、現地レポートありがとうございます!
横浜人形の家『ラガディ・アン95周年記念展』は、3月27日(日)までの開催です。

あなたからの現地レポートも待っていますよ!
週替わりでもらえるラガディの携帯待受画面も見せて欲しいなぁ。

場所/Location:横浜人形の家 Yokohama Doll Museum
URL:http://www.museum.or.jp/yokohama-doll-museum/

会期中館内入場は、入館料800円が掛かります。
General admission 800 yen

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
今日もラガディメニアに遊びに来て下さってありがとうございます!
Thank you for visiting Raggedy-mania again!

あなたも、もし近くにアンとアンディが好きな人を見つけたら、是非このサイトのことを教えてあげてね!宜しくお願いします(ペコッ

If you see or know someone who likes Raggedy, please let them know about this Raggedy-mania site!

あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)
Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!

投稿者名:akiko(01:50)0 コメント
08
3
2010

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko!

朝、車庫でコールダーが子猫を見つけた!
Calder found a kitty in the garage one morning!

夕方、保育園から戻ると、猫缶に食べた形跡はなく
探すとパティオでぐったりしてた。
When I returned home with Calder in the evening, cat food was untouched. The kitty who had moved to the patio was just laying flat.

「パパ、このままにしとくと、死んじゃう気がする。」
“I fear this kitty is going to die here, Papa.”
・・・
「診察費はあなたが負担しますか?」
「病院を出たらあなたが面倒を見ますか?」
「血液検査が必要です。費用を負担しますか?」
「腎臓に障害があります。助かる見込みはわずかですが手術と入院を希望しますか?」
「安楽死と火葬をしますか?」
“Will you pay for the treatment here?”
“Are you going to keep the cat?”
“She needs a bloodtest. Will you pay for it?”
“She has kidney failure. A chance is slim, but we would operate on her and keep her in the hospital if you wish.”
“Would you like to put her to sleep and cremate her?”

4度の「はい」と1度の「いいえ」
最後に258ドルのクレジットカードの請求にサインして病院を出た。
After 4 “Yes”s and 1 “No”, I signed on a $258 credit card bill and we left the hospital.

今日、こんなカードと手描きのメッセージが病院から届いた。
A handwritten message with a card arrived from the hospital today.

dsc04444子猫を救おうと病院に連れて来てくれてありがとう。そして、何より安らかな最後を迎えさせてくれてありがとう。
Thank you for taking the time to try to help her and ultimately allowing her to rest.

次はもうちょっと早くおいで、Kitty。
Next time, come a little earlier, Kitty.
☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

さて、出荷開始前に完売してしまったこのラガディキーホルダー。
先週のお約束の取扱店をお知らせします!
e794bbe5838f-001Here is a list of shops where you can buy these Raggedy key chains from…

お店でのキーホルダー入荷状況をお確かめの上、ご来店下さいね。

(順不同:ショップのあなたへお知らせ頂いた情報を載せてます。更新がある場合はご連絡下さいね)
Apple Farm
広島県広島市佐伯区楽々園4-9-26
082-923-0642

DOLL GARDEN
静岡県裾野市佐野1379-6
055-992-7760
dollgarden@cotton.ocn.ne.jp

Favorites Company USA☆USA
兵庫県相生市本郷町4-17-102
0791-56-8080
usa-usa-chisa@ezweb.ne.jp

Haru Yu-
北海道札幌市中央区南八条西23丁目 旭山シャトー桂和1F 東向
011-511-7758
haruyu-7758@kpd.biglobe.ne.jp

JIM BURROW
大阪府大阪市阿倍野区播磨町1-22-4
06-6569-9449

Spring Flavor
山形県郡鶴岡市羽黒町押口字川端13-24
0235-24-2577
springflavor2001@yahoo.co.jp

WRINKLE RAG
埼玉県さいたま市浦和区高砂1-12-1コルソ4階
048-824-7577
info@wrinkle-rag.com

カントリー♥ルーシー
愛知県一宮市三条字田28
0586-52-2886
shop@lucy888.shop-pro.jp

カントリーストアー CO-ZY
兵庫県赤穂市大津1969-1
0791-42-4870
co-zy@tulip.sannet.ne.jp

カントリーハートワン
広島県賀茂郡黒瀬町市飯田520-4 黒瀬工場
0823-82-0266
info@countryheartone.com

カントリーハウス ありーな
沖縄県島尻郡八重瀬町字大頓1308
098-998-3219

カントリーマーケット ルーシー
静岡県静岡市葵区上土2-16-31
054-263-9006
lucy-1117@nifty.com

カントリー畑
青森県上北郡下田町緑ヶ丘3丁目50-1863
0176-51-1840
toiawase@countryhatake.com

キルト&カントリー雑貨の店 トトロ
北海道紋別郡遠軽町福路2丁目2-29
01584-9-2415

グーシーハウス
山梨県南都留郡山中湖村平野2197-906
0555-65-6363
goosie@air.ocn.ne.jp

ざっかはうす KOTOCHAN
大阪府東大阪市瓜生堂1-16-14
0729-61-7838

セカンド セミカ
山梨県南都留郡山中湖村平野506-487
0555-62-0879
semica@soleil.ocn.ne.jp

ニモチモの家
静岡県掛川市家代735-3
0537-26-1991
eriusa-kumaren@ny.tokai.or.jp

パペット
秋田県秋田市寺内堂の沢171-4
0188-46-3697
puppet@snow.plala.or.jp

マルゼン家具
群馬県佐波郡玉村町下新田518
0270-65-2614

みっふぃーず
宮崎県児湯郡高鍋町大字持田5656-37
0983-23-4728
youtan5656@utopia.ocn.ne.jp

ラズベリーハウス
大阪府羽曳野市古市7-10-6
072-926-7004
info@razubery.com

雑貨屋 ニルス
北海道北見市北四条東5丁目8番地日東ライフサービス(株)内
0157-24-4103
saki@nils-cat.com

雑貨屋コロボックル
鹿児島県鹿屋市寿8-10-11 小島ビル1階
0994-40-6446
korobotukuru@po.synapse.ne.jp

手づくりハウスぱお
北海道中川郡幕別町札内桜町136
0155-25-8232
kuroko@sea.plala.or.jp

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今日も最後までお読み頂きありがとうございます!
次回、木曜日は絵本の続きを読みますよ。お楽しみに。

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!

投稿者名:akiko(05:25)0 コメント
07
30
2010

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko!

あなたのおうちでは誰が洗濯する人?Who does the wash in your family?

dsc04391画像は今週のランチIndian Kitchenのランチバッフェ($6.99)

The picture is this week’s lunch at Indian Kitchen. All you can eat for $6.99!

…うちはパパと私で先に気付いた人その日の洗濯の係(そのうちコールダーも!)

… Between Gary and I (hopefully and eventually Calder, too!) whoever came to do it first does the wash for the day in our house.

洗濯したら「Thank you!」って言われるし
洗濯してあったら「Thank you!」

So I am told, “Thank you! when I do it. I tell him, “Thank you!” when he does it.

「やって当たり前」どころか、やってることすら気付いてもらえないと
やる気失せるよね、家事って(苦笑 

これってお金もらってる仕事でも同ことが言える時ない?

House chore becomes just cumbersome when it is taken for granted, or worse, when it is not even noticed! Even paid work’s the same, sometimes…don’t you think?

だから店員さんからの「THANK you!」に
お客さんが「Thank YOU! と返す英語の習慣が私は大好き。
(YOUの方を強調して発音してね!)

店頭に立ってる「あなた」がいるから、私が買物出来る。
そんな気持ちが、毎日をちょっとずつ楽しくするよね?

That is why I love a customary reply of “Thank YOU!” when you are thanked at a store in English.
Thank you for being there to make my shopping possible.
It takes two to tango!
☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

2日前に「売切れ間近」のお知らせしたばかりのラガディのキーホルダー
I told you that the key chains were almost sold out 2 days ago,

e794bbe5838f-001出荷前にホントに売り切れちゃった!
but they really aresold out! We have not even started to ship them yet…

嬉しいです、ありがとう!
Thank you so much!


でも、どうしてかさっぱり分かりません(笑
but, we have no idea why??

いつもこうだといいんだけどねぇ…(苦笑
We wish every product sells like this lol…

買いそびれちゃった、あなた。
大丈夫!
これからキーホルダーが出荷されるお店のリストを次回ご紹介します。

注文してくれたあなた
そして、買おうと思って注文しそびれた、あなたも!
どうしてこのキーホルダーを買ったかここをクリックして
教えてくれませんか?

If you placed an order or you wanted to do so, but missed the opportunity,would you let us know Why? by clicking here, please!

いつも、あなたの「ホントにこんなの欲しかった」を作りたいと思ってます!
だから助けてもらえたら、嬉しいなっ。

We always wish to make what YOU really wanted!!
so if you could help us, we will love you for good!!

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
さて今日は絵本を読む日でしたね。

残念ながら今まで日本でアンとアンディの原作の絵本は日本語で出版されていません。その日が1日も早く来るようにお祈りしながら、少しずつ一緒に読んで行きましょう!

The original Raggedy books by Johnny Gruelle have never been published in Japanese. I am reading his books each week to share the adventures of Ann&Andy with my Japanese Raggedy friends until a day comes when these books become available in Japan.

e382ade383a3e383a1e383abe8a1a8e7b499第三作目『ラガディ・アン&アンディ and キャメル ウィズ リンクルド ニー』(最初1924年に発売されました。訳すと「しわしわお膝のらくだ」)何度となく重版されて1960年に出版されたものを読んでます。

前回までのお話を読みそびれたあなたはコチラから>>>

「王と女王だった間、近所の人達が私達の鶏の世話をしててくれたはずだわ!
ヘンリー、抱えられるだけ卵をいっぱい持って来てちょうだい。」

お母さんは笑いながら、前王様が薪を割ろうと手につばを掛けていたところを呼びました。

「あぁ、ヘンリーって呼ばれるのは久しぶりで気持ちがいいものだ。ハリエット、私はどんなに沢山のお金を積まれたとしても、もう二度と王様には戻らないぞ!」王様は大きな声で答えました。

ジェニーのお母さんが作った1メートル程も積み上げられたパンケーキが、一瞬にしてなくなると、海賊の少女たちはラガディ・アンとアンディ、そしてバベットに言いました。

「私達の船でお家に送って行ってあげるわ。」
「そうね、そろそろ帰らなくちゃ。」ラガディ・アンは目の涙をエプロンで拭いながら言いました。
「僕の涙も拭いてよ。せっかく仲良しになった皆とお別れは寂しいけど、マルセラがバベットとラガディ・アンと僕がおうちにいないのに気がついたら、きっと僕たちが連れ去られたと思うよ。」ラガディ・アンディは言いました。

「それは心配ないわ。おうちに帰ったら私の言う意味が分かるから。」妖精の王女が言いました。

そばにいたしわしわお膝のリンクル・ニーは頭を掻きながら言いました。
「やれやれ、これでお終いか。僕のことを遊んでくれた男の子も今じゃもう一人前の大人になってるんだろうな。僕とはもう遊んでくれないよ。ジャンに僕の新しいご主人になってもらおうかな?」

しわしわお膝のリンクル・ニーがそう言うと、ジャンのお父さんは目を何度も擦りながらリンクル・ニーを持ち上げ、何度も何度もリンクル・ニーをひっくり返すと…
☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

ジャンのお父さん何を思ったんでしょう?
お話の続きはまた来週読みましょう。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます!
Thank you so much for your visit to my blog, again!
Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!

投稿者名:akiko(02:14)2 コメント

【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress