カレンダーで始まった『アン&アンディの仲間たち』

07
8
2011

こんにちは!アンとアンディが大好きなAkikoです。
Hi This is Akiko! How was your 4th of July weekend?

4thofjuly3We spent our weekend, putting flags up in our neighborhood and going to the Wilds(10,000 acre conservation center in southeastern Ohio) with three boys.

週末はアメリカ独立記念日で3連休。
土曜日は、近所に星条旗を立て、次の日は日本から帰国したパパを空港に迎え、最後の日はミシガンから遊びに来たアレックスとアンチュリオと一緒に『the Wilds』というオハイオ州南東にある自然保護センター(サファリパーク)に行って来ました。


panorama

112
43

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

ブログに茨城県でアンとアンディのショップWoody Dollを営む小林さんからお手紙を頂きました!
We received a message from the owner of Woody Doll, Raggedy shop in Ibaraki, Japan!

こんにちは お久しぶりです。ウッディドール小林です。
震災のほうも少しづつ落ち着きはじめ、毎日の生活に負われてます。
ここ何日かでいろんな出会いがあったのでつい懐かしくてメールしました。

Hello. It’s been a while. This is Kobayashi from Woody Doll.
We are getting close back to our normal life after the earth quake and tsunami.
I came across many people in the past a few days which reminded me of this site.

わざわざ千葉からご家族で当店に来たくてとご主人息子さん奥さんで来られ5,6日とお泊りで連続で来られました。息子が休みとってつれてきてくれたんです。本当に幸せなご家族でした。

One family from Chiba, a husband and wife and their son, came all the way from Chiba to visit our shop. Their son took days off to take his mom who is a Raggedy fan.

そのときは偶然当店に昔からこられていた方も赤ちゃんを抱いて偶然ご来店、暑い中皆汗かきかきラガディの話で盛り上がり これもラガディが引き寄せてくれた、縁です。
その日5日はイオン大宮店のラガディファンが何人か訪れ、次の日6日も茨城の西の筑西市からもわざわざ初めてドールを買いたいと、7日の今日七夕も大宮店にご家族で若い娘さんが大ファンで「可愛い可愛いの連発」なんかここ3日更にラガディの想いが深まりました。
3世代4世代超えて日本でもラガディファン増えてますよ。

Our long time customer came that day with her baby and we all enjoyed talking about Raggedy Ann and Andy. Other long Raggedy fans, a first time customer to buy her first Raggedy doll, and another family whose young daughter is a big fan of Raggedy all visited in the past 3 days. The 3rd and 4th generation Raggedy fans are here in Japan.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小林さん、お手紙ありがとうございます。
震災後どうしてるかな?と心配していたので、とっても嬉しかったです。
また、日本に帰国した際にはぜひお会いしたいですね。アメリカにもラガディを訪ねて来てください!

アメリカのラガディ名所はここにまとめました!
ここをクリック→【アメリカ、アンを訪ねて】

Kobayashi-san,
Thank you for your letter. I was wondering about you after the disaster. So I am so happy to hear from you! I would love to see you again. Please come and visit Raggedy Ann in USA, too!
Here is a link to Where You Can Meet Raggedy Ann in America

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

では少し久しぶりになってしまいましたが、ラガディ原作絵本の続きを読んで行きましょう!
Today is a day to read Gruelle’s original books in Japanese.

wpe8a1a8efbc8fe8a38fe8a1a8e7b4991925年に出版された5冊目の『ラガディ・アン ウィッシング ペブル』のお話の続きです。

We will read Gruelle’s 5th Raggedy book, “Raggedy Ann’s Wishing Pebble” published by M.A. Donohue & Company in 1925 today. (I am translating/reading the original books since they were never published in Japanese until today…)

前回までのお話はコチラから>>>

ミスタージャコウネズミは、飲んでたそーだのグラスを置くと道具箱のところへ走って行き、大きな釘を持って戻って来ました。

「ほら、これで君たちの口の真ん中のところに穴を開けよう。ストローがぴったり入る大きさにね!」

「アンとアンディ、痛くないの?」ジャコウネズミ夫人は心配しました。

「ちっとも痛くないよ!だって僕たちのお顔は白いコットンがいっぱい詰まってるからね。それに、顔や体が破けるなんてしょっちゅうさ!だから、痛くないって知っているんだよ、ジャコウネズミ夫人。」ラガディ・アンディは笑いながら答えました。

scan-111880002それを聞いてミスター・ジャコウネズミが、ラガディたちの口に2つの穴を掛けると、ジャコウネズミ夫人は二人にバニラ味のソーダを注ぎました。

「バニラならコットンが濡れても、イチゴ味やラズベリーやチョコレートのようにはシミにはならないでしょう?」

ラガディ・アンとアンディはストローを通してソーダが飲めることに驚きました。それに、コットンのお顔はソーダでぬれたりしなかったのです!

「ラガディ・アンディ!私たちソーダはすっかり飲めないと思い込んでもったいないことをして来ちゃったわね。」ラガディ・アンは驚いて叫びました。

「僕も今ちょうど同じことを考えてたんだ。バニラが大丈夫なら、きっとラズベリーもシミにならないよね!」ラガディ・アンディが答えます。

「それなら私はストロベリーが飲みたいわ!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アンとアンディ、コットンにソーダがシミにならないのはいいけれどお腹は壊さないかな??
「なんでも出来ないときめつけないで、やってみましょう!」って大切なことを教えてくれる
素敵な一場面でしたね。

さて、続きはまた来週のおたのしみ….

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★
今週も【ラガディメニア】に遊びに来てくださってありがとうございます!
Thank you for coming to Raggedy-mania!

Please come and visit me and Raggedy Ann & Andy!
facebookも良かったらのぞいて見て下さいね。
↓↓↓

私のページはコチラ(Akiko Miyamoto)
アンとアンディのファンページ(Raggedy Ann&Andy’s Page)


あなたからのコメントいつも待ってます。(←『コメント』クリックしてね)

Thank you so much for your visit to my blog, again!
Always looking forward to hearing from you. Simply click HERE for your comment!

Please click here to support the Raggedy blog!←応援の「ぽちっ」お願いします!


第3回アルコラ、フレンドシップギャザリングの開催を記念して、ラガディ•ギフトショップでは6−7月のプレゼントに、ブログで掲載したディナーマットと新聞をまとめて1名の方にプレゼントします。応募要項はこちらをクリックしてね!

投稿者名:akiko(00:07)2 コメント
05
5
2010

アルコラのファンの集い(6/4~5)に行く予定のあなたへ
今年はツアー開催しませんが、単独で行かれるあなたもファンの行事に参加するには事前に申込が必要です。私の方で取りまとめてもらえるように頼まれましたので、メールで連絡下さい。
Important Message From Arcola Friendship Gathering!
If you are attending Friday Night Dinner, call Susie right away at 217-268-3848, Friday Tea Party, call Flower Patch at 217-268-4876, Saturday Dinner, call Diamond House at 217-268-4876, Saturday Ridgewalkers Walk, call Kimberly at 217-355-6811. They all need to hear from you so they can organize a good gathering.



こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。

Hi US Raggedy Friends! This is Akiko. I started to receive inquiries about Japan Raggedy items and if I can find them for you. YES, WE CAN! So please read along to the end of this blog, or you can click the link here: JAPAN or US ITEMS WANTED.

先週は、コールダーのだぁーい好きな友達が日本から遊びに来てくれました。
ちょっと有名人なので顔出しNGで、今日は写真選びにちと苦戦…

A good friend of mine visited from Japan last weekend. We went to the Columbus Zoo. Calder’s favorite Spiderman showed up for a perfect picture moment, however, … he got shy and hid behind me. After he was able to take a picture with a poplar bear, he regret the fact that he missed the opportunity and said, “I wanted to show my dinosaur on my shirt to Spiderman.” Oh, well. Next time!

dsc03509これくらいなら大丈夫かな?!

金曜日は、コールダーの保育園訪問。
アメリカの子供達にも大人気

さすがっ。

dsc03572

土曜日はコロンバス動物園へ。

大々大好きなスパイダーマンとのシャッターチャンスには私の後ろに隠れたクセに…

シロクマと撮影後、半べそ
「スパイデメンにダイナソ(恐竜)
見せたかったの〜っ」

アメリカに来てから学んだ単語は、発音がしっかりネイティブ(笑

dsc02479
「それとねー
コールダーまたシンデレラに会いたいの」

前回のディズニーのこの写真が
本人的にはどうも気になってるらしい(爆


dsc03713

夜は3Aのクリッパーズの野球観戦。
おまわりさんと記念撮影してもらい
楽しい週末となりました。



☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

Now that I moved to the U.S., I can make US Raggedy items available to Japanese collectors. I am so excited about that and update my online show as they come along almost DAILY.

What surprised me most is the SPEED of information! I listed the three items below at 3 pm and two of them were already GONE by the time I wake up!! They must be following me on Twitter! Every single update I make on my website is fed through to Twitter. So if you do not want to miss out any of my update on the Raggedy Japan items, please follow me on Twitter HERE! Now I list my updates both in English and Japanese. So you can recognize them.

アメリカに来てから日本未発売のアイテムやアンティークのラガディが身近になって
日本の皆さんにご紹介出来るのでとってもよかったな〜と思ってるんです。

アンとアンディ大好きなあなたの喜ぶ顔が早くみたいので、見つける度にオンラインショップにUPしてるのですが、

その情報スピードの速さに正直びっくりしてます。

だって昨日の夕方UPしたばかりのこの3つのコレクタブルアイテム

e382abe383bce38386e383b3e382b7e383bce38384e382bbe38383e38388efbc91
e383a1e383aae383bc
今朝には、もう2つも売れちゃってた。

日本って今GWじゃなかったっけ?!
この会報ブログも週に2回UPしてるんですが、もうそれだけじゃ「遅い?!」って感じですよね〜。
すごいっ。

という訳で、日本未発売やアンティークのラガディ・グッズに興味があるあなた今のうちにツイッターに登録して下さることをオススメします。

ちょうどこの記事の横にも、ツイッターの最新のつぶやきが5個だけ見えていると思いますが、私がオンラインに新しいものをUPすると自動的にツイッターでその情報が流れます。ほとんどリアルタイム!

あ〜っこれ欲しかったと後悔する前に登録してね。

ツイッターへの登録はコチラから

携帯での登録のあなたはこっちを利用して下さい。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆

Since I came to the U.S., I started to receive inquiries from US Raggedy friends looking for JAPAN RAGGEDY ITEMS. So I made ITEMS WANTED section on the Antiques Land inside Raggedy-mania.

If you also have ITEMS that you are looking for from JAPAN, please send me your wish tothis email address. I WILL HELP YOUR WISH COME TRUE!!

There will be ITEMS that Japanese collectors are looking for. So if you have one available, please also let me know!

I really hope Raggedy-mania becomes the RAGGEDY HUB of Collectors from the World!

それから…私がアメリカに来てから、アメリカのコレクターさんから日本でしか手に入らないラガディグッズを探して欲しい!という問合わせが、すっごい勢いで入ってます。

くすのきアンディ例えば、この「くすのきのアンディ君」

探して写真がごそっと150点も貯まってしまったのでアンティークランド内に『探してます!』ってカテゴリーも急遽作りました!

もしこのカテゴリーの中に、譲ってもいいよというものがあったらご連絡下さいね。ショップオーナーのあなたからのご連絡も待っています!
そして、あなたの「探して欲しい」アイテムもこちらで受付しています。

写メもOKですよ!

兎に角、このラガディメニアのサイトが日米のラガディコレクターのハブになったら嬉しいな!

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆
今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

Thank you very much for coming to my blog again! I will be flying out to Japan this Thursday and come back in two weeks. I will update this blog again next Tuesday from Japan. If you have anything you are looking for, NOW might be the best time to contact me?!

こちらの木曜日(日本の水曜日)に飛行機に乗って、日本に2週間程帰国します。
今週木曜日の会報ブログはお休みさせて下さい。
ツイッターでは、随時情報アップしてるので来週の火曜日まではそちらでフォローして下さい!

最後にここをクリックして応援の「ぽちっ」お願いします!

投稿者名:akiko(07:06)0 コメント
12
1
2009

いよいよ今週末!12/5(土)〜6(日)『ラガディ・アン&アンディが福島にやって来る!』詳細はコチラから>>>
たっくさんのご予約ありがとう!12/3からお届けします。ラガディ・アン&アンディ巾着限定100枚コチラから>>>


こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。

土曜日は保育園の同じ月齢のお友達2クラス合同で「サンクスギビングディナー」
なんと、総勢大人50に子供25人!

e382bfe383bce382ade383bc10キロのこんなターキー(七面鳥)を焼きました。

ローストターキーは、スタッフィング(タマネギ、セロリ、ハーブを炒めてフランスパンにブイヨンをしみ込ませたもの)という詰め物をして、ハーブなどで味付けしてオーブンに入れるだけ、なの。

割と簡単。
でもレストランで食べる時みたく「ぱさぱさ」にしない「しっとり」仕上げるコツは
「ベースティング」と言って、落ちた肉汁を30分毎に刷毛でターキーに塗ること。

e382bfe383bce382ade383bce9818ae381b3この重さで焼くのに約6時間。

3才のコールダーをこんな長時間
家の中にじっとさせて置く事なんて、ありえな〜いっ。

と、いうことでお友達とママ達に
ヘルプ!
焼いてる間、遊びに来てもらいました。お陰さまで…

e382bfe383bce382ade383bcefbc92今年もターキー、「ジューシー」に出来上がったよ!

もう1つ「しっとり」食べるコツは、焼いた後すぐにスライスしないこと。ターキーなら1時間。チキンなら15〜30分。肉汁が肉の中に納まるのを待ちます。

最近はクリスマスの時期になるとデパートの肉売り場でも売ってるから、お家で試してみて下さい。

チキンもいいけど、ターキーはひと味もふた味も濃いよ!
ターキーから片時も離れず「ついばみ続けた」パパ1名、子供1名おりました(笑)
☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

三重県のかずえさんからメッセージ届きました!

ラガディアン&アンディは十年以上前から大好きでしたo(^-^)o
近頃また注目を集めているみたいですネ♪
不況のなか暗いニュースばかり聞こえてきていますが、この子達の優しい姿を見ているだけで癒され明日も頑張ろう!という気持ちになれますネ\^o^/☆


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうなのです…なぜか今日はこの【ラガディメニア】アクセスが既に168人。いつもの5倍くらい…

かずえさん、ありがとう!
暗いことばかり報道してるニュース、シャットアウトして
1日に1度【ラガディメニア】で笑顔になって下さい(笑)

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今日はちょっと嬉しいお話…

(アンとアンディのファンのあなたはもうご存知ですが…)
annandy3アンとアンディは1915年にアメリカで生まれました。
グリム童話の挿絵などを描いていたイラストレータのジョニー・グルエル。ある日実家の屋根裏に母親が幼い頃遊んでぼろぼろになった抱き人形(ハギレで作った人形)を見つけます。消えかけていた顔にペイントして「ラガディ・(ぼろぼろの)アン」と名付け、プレゼントしたところ、幼い娘マルセラは大層気に入りいつも遊ぶようになりました。

病弱だったマルセラに父親のジョニーは、娘のお気に入りの「ラガディ・アン」の人形が登場する自作の話を毎夜聞かせてやるようになりました。

3-250x1233年後の1918年父親のジョニーはマルセラのお気に入りだった話を選んで挿絵を描き、お人形と一緒に『ラガディ・アン・ ストーリーズ』として絵本にして出版。大人気となったラガディ・アン、弟のアンディのストーリーは、以来アメリカでは親から子、子から孫へと受け継がれ来年で95年の歴史を持ちます。

日本でも74年には第一パンが袋にアンとアンディの絵柄を採用したり、洋服チェーンの「キャビン」のお店のディスプレーとして「見覚えのある」方もいらっしゃるかも知れません。

私の会社でもアンとアンディのカレンダーを作って10年を迎えます。

「お互いの予定を書き込み、すれ違いの多い夫婦のコミュニケーションツールになっている。」、「仕事に家事に、子育て。忙しくてイライラしている時に、アンとアンディの笑顔をみるとふっと元の自分に戻れます。これからもずっとカレンダーを作り続けて下さい。」、 「いらいらした時などアンとアンディが『怒るなよ』って言っているよう。」…

アンとアンディのカレンダーには、この10年こんな励ましや応援のファンレターが絶えることがありませんでした。

私も3年前コールダーを産んではじめて、親ってこんなに私のことを愛してくれているんだなと分かり、父親が娘の為に語ったアンとアンディのストーリーがとても愛しく感じられるようになりました。

素敵な物語を背負ったアンとアンディ。なんとしても、もっと多くの人に知ってもらいたいと思い、6月にはアメリカに行って『ラガディ・アン~家族の絆から生まれた話』というドキュメンタリー映画を制作しました。
(アメリカ公共放送のPBSで放映出来るように現在活動しています。そうしたら日本もNHK等で取上げてくれるかしら?なんて夢と目標を持っています!)そして30册を越えるラガディ・アンの原作の絵本もこのブログ【ラガディメニア】会報で、1冊ずつ訳しているところです。(訳したものはコチラから>>>読めます)

先日、コールダーの通う保育園の園長先生にドキュメンタリーのDVDと訳本をお見せして、「日本でもアンとアンディのお話を広められないか」とご相談にあがったところ、読み聞かせの先生と児童書の出版社をご紹介頂きました。そして、「アン&アンディのカレンダーも園のお父さん、お母さん達にご紹介してみたらいいんじゃないですか」と優しい言葉を掛けて頂き、ここに書いたお手紙と一緒にアンとアンディのカレンダーとカタログを保育園に置かせて頂くことになりました。

園の皆さんには、私が訳したラガディの原作本訳本をプレゼントしたいと思います。そして、子供達の健やかな成長に少しでも役立てて頂けたらと、売上の一部は園に寄付させて頂くつもりです。

これを読んで
「私も娘の通う保育園でも、アンとアンディを紹介してみたらどうだろう?」
「私の働く幼稚園でも紹介してみては?」

というあなたがいたら、
私Akikoまでメールまたは、(株)BEP 03-3812-1455までお電話でご連絡下さい。

あなたの大好きなラガディの魅力、一緒に広めたい!
応援待ってます。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の午前中この【ラガディメニア】をどこかのどなたかがご紹介して下さったようです。
感謝しています。
良かったら直接お礼を申し上げたいので、ご連絡下さいね。

次回の更新は木曜日です。

閉じる前にここをクリックして応援の「ぽちっ」してもらえると、またまた元気が出ます!(笑)

投稿者名:akiko(19:02)0 コメント
08
25
2009
2009年8月25日(火)

今日は「てんこもり!」

こんにちは!アン&アンディが大好きなAkikoです。

日曜日はJR王子駅前の音無親水公園に行って来ました。
dsc01134すいかのビーチボールで遊んでるお兄ちゃん達を見つけて「コールダーあれで遊びたい。」

「また今度ね」「あれはコールダーのじゃないでしょ」は2歳児には通用しません。

さて、どうする?
今まさに遊んでるボールを「か〜して」はあり得ないけど…年の頃8才と5才の男の子達。ダメもとで、聞いてみたら?

「いっしょにいーれーてっ」
「いいよっ」

どうみても同じレベルでは遊べない子だけど、入れてくれました。

「為せば成る、為さねば成らぬ、何事も。」脳裏にテロップが走りました(笑)怖じ気づくことがあったら、この時の2才のコールダーの勇気を思い出してみようと思います。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今日はどっこから始めていいか分からない位、お知らせがありますっ(笑)

★その1★
このサイト【ラガディメニア】の『ラガディミュージアム(アルコラレポート)』がいよいよオープンしました!

アルコラで撮影した世界初のラガディドキュメンタリー『家族の絆:ラガディ・アン誕生の秘話とラガディミュージアム』上映会のお知らせ、アルコラのフォトアルバムetc…アップしてます。

これからも随時、ミュージアム情報をアップデートして行きます。
ここの辺から、やっぱり携帯だと全部のコンテンツを楽しんでもらうのには無理があるんだなぁ…

もしおうちにパソコンあったら、パパに頼んでみる価値あり!
なかったら、持ってるお友達に見せてもらう価値あり!

『ラガディミュージアム(アルコラレポート)』はコチラから

↑↑ドキュメンタリーも英語ですが、ちらっと見る事が出来ますよ。↑↑



★その1−1★
ミュージアムグッズをオンラインショップにUP

6月にアルコラに出掛けた時に手に入れて来た、ラガディミュージアムの思い出のグッズをオンラインショップにアップしました。

ミュージアムグッズは、コチラから



★その1−2★
ラガディドキュメンタリー『家族の絆:ラガディ・アン誕生の秘話とラガディミュージアム』を見る白樺湖ペンションお泊まりプラン!

上映会を主催してくれる「白樺湖ペンションぼくんち」の藤井さんが企画してくれました。

11月13日(金)〜14日(土)1泊2食 ¥7,800
11月14日(土)〜15日(日)1泊2食 ¥9,400
11月15日(日)〜16日(月)1泊2食 ¥7,800

上映会は、13、14、15日の3日間。
日帰りプランご希望の方はコーヒー/紅茶飲み放題付きで¥1,000

特に女性、お子様に人気のペンションなので、小さなお子様連れも大歓迎だそうです。

お一人でご参加のあなたは相部屋になりますが、ラガディ好きな人と「ラガ友」になれるいいチャンスですよね!

アンとアンディ大好きな奥様のラガディで作る「ガラスアート」と「ステンシル」の教室もこの時は特価の¥500+材料費でして下さるそうです。

私もコールダーと13日から2泊でお邪魔させて頂く予定です。

詳しくは以下まで直接お問い合わせ下さい。
白樺湖ペンションぼくんち
TEL 0266-68-2076
FAX 0266-68-2056
URL http://www.lcv.ne.jp/~penboku/
MAIL penboku@po28.lcv.ne.jp



★その2★
次回の「ファン支部会」9月12日(土)に決定!

以下、【ファン支部ログ】より引用しました。

2009 年 9 月 12 日 ( 土 )
13:00~15:00(約2時間を予定してます)

集合場所 : 浦和駅西口前 コルソ4階
     アン&アンディの店 WRINKLE RAGさん前
     12:55分までに来てくださいね♪

内   容 : 遅めのランチをしながら、ラガ友と仲良くなろう♪
      今後の活動内容について
      支部会の愛称をつけよう♪

費 用 等 : ランチは各自精算です。

集合後、パスタ屋さんに移動する予定です。
2009年8月30日(日)までに参加希望の方は href=”mailto:hello-ritty@nifty.com”>メールくださいね
まだ発足して2回目なので、仲良くなろう♪っが一番の目的
きっと、いっぱいコレクションの話や
自分の知らないラガディが発見できるかも

アン&アンディ が大好きなみんなの参加募集してます。
1人ではちょっと参加しにくい~って思ってるあなたも
まずは、琴momまでメール くださ~い♪
大丈夫、その勇気がラガフェスの復活の一歩になります♪

詳しくはコチラから
参加希望の方は琴momまでメール くださ~い♪



★その3★
このサイト【ラガディメニア】の『はてな?ランド』もオープンしました!

『はてな?ランド』の別名は、オールアバウトラガディ!

つまり、【ラガディについて全て】という意味のQ&Aコーナーです。

例えば…
「家族で来週旅行に行きます。近くにラガディショップがあったら、是非行きたいです。〜県にあるラガディショップを教えて」

「画像を送ります。1年前に見つけたものです。いつどのメーカーが作ったお人形だか知りたいです。誰か知ってませんか?」

「次のラガフェスはいつですか?」など、な〜んでもOKですよ!

あなたの素朴なラガディに関する質問を投稿して下さい。
そして、その答え「知ってる〜」というあなたの回答も待ってます。
同じラガディ好きな「ラガ友」の質問に答えてあげて下さいね。

『はてな?ランド』はコチラから

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

今日は、あなたへのお知らせ「てんこもり」となりました(笑)

あっ、そうそう。
8月20日の質問:人参半本、タマネギ5個、ピーマン2個にハム5枚。
これに干し椎茸の戻し汁。で作ったものは…

お中元にもらった「そうめん」を油で揚げて、上の材料であんかけを作ってそうめんの「あんかけ焼きそば風」でした。

杏まま、回答ありがと〜っ
「そうめんチャンプル〜」ってどうやって作るのかな?
今度教えてくださいね。
「アンちゃんの胸にI Love Youのキャンディハートが入ったお話の日本語訳」お送りします!

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます!
閉じる前にここをクリックして応援の「ぽちっ」してもらえると、サイコーに嬉しいです。ホントだよっ!

次の更新は木曜日です。

投稿者名:akiko(18:09)6 コメント
06
9
2009

おはようございます!アン&アンディが大好きなAkikoです。

今日は『アルコラツアー』に向けて一足先に出発の日です。半年ぶりにアメリカでパパと合流して、それから車でシカゴに向かってツアーの皆さんをお迎えします。

北海道北見市のゆかりさんから素敵なメールを頂きました。
Image182今日楽しみにしていたカレンダーが届きました(^O^)可愛いギフトに感激し、とってもハッピーな気持ちになりました。

早速部屋に飾りました とても明るくなりましたよ!スタッフの みなさんの温かい心を感じました(^O^)

実は今主人が自律神経の病気と闘い中で 私もかなり落ち込む日々でした。
カレンダーで今年の後半も 頑張っていく勇気が湧きました!

最近は ようやく主人の趣味が再開しこんな作ってくれました。人生にはいろんな試練がくるものですね。 でも負けない心でアンみたいに笑顔で頑張って行きます

ゆかりさん、どうもありがとう。
「でも負けない心でアンみたいに笑顔で頑張って行きます」
ラガディのカレンダーがこんな勇気を与えてくれるなんて、ホント嬉しいです。
私も元気でた!
CIMG6686お返しにカレンダー制作風景をちらっと…プレゼントしますね。

リビングの壁に目をやると
Daydreamingの世界へ夢飛行。
いってらっしゃ〜いっ!

そして…ゆかりさんからは、こんなリクエストも頂きました。
ポーチリクエスト「とっても気に入っててどうしてもラガディで作って欲しいものがあるんです。」外に鏡がこんな風に付いてるポーチの写真が届いた。

スタッフのMakiちゃん「コンタクトしてる私には分かる気がする。バッグから化粧ポーチ出して、そこからコンパクト出して、ってやってるの面倒だもん。」

私「子供が乗り物の中でぐずった時とか、ぱっと出して気を紛らわせるのに使えそうじゃん?」

でも鏡に傷が付かないのかな?と疑問になって

ゆかりさんに連絡を入れると…

「もう10年以上も使ってますが、鏡は傷なしです。外出や旅行先でちょっと化粧チェックをする時の強い味方。私の生活の中では宝物です。…北海道だと自分の車で毎日走るので食事の後など、ちらっと見出来るのは助かります。」

メーカーさんに見積もりを依頼したところ、鏡の縫い付け部分のところなど見てみたい…ということなので
今ゆかりさんに実物をお借りするところです。

こんな風に私たちのもの作りは始まります。
あなたの「「こんなのが欲しい」もいつもお待ちしていますよ。

〒113-0033
東京都文京区本郷3-32-5-308
(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
「こんなのが欲しかった」宛
…………………………………………………………………………………………

さて、お知らせ。

「長い間眠っていたアン&アンディ達の里親探し」してます。

ここに紹介するドールは、2003年にアメリカで生産されたアン&アンディ達。
ドールを輸入していた会社の倉庫に6年間眠っていました。

真っ暗な倉庫の中で可哀想じゃない?!
私たちが身元引き受けをさせて頂くことになりました。

今、可愛がってくれるお家を探しています。
php娘が大切にしていた抱き人形を主人公にして描かれた絵本『ラガディ・アン・ストーリーズ』。

1918年にアンのドールと一緒に発売されると、全米で大人気となりました。今のアンとアンディのお人形とは違って、こんなお顔をしてたんですよ。

茶色の髪の毛にシューボタン(靴のボタン)を縫い付けたお目め。知っていましたか?

アン初代ドールメーカー、ボーランド社復刻ペアドール40cm ¥5,100/60cm ¥7,100

里親の申し出は、コチラから>>>他にもお引き受けしたお人形達がいます。
お電話03-3812-1455(注:6/11~17までアルコラツアーの為、オフィスお休みです。)

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

昨日は、パパの親友のキリンちゃんのうちのお庭のバベキューパーティーにお呼ばれ。
表参道も1本道を入ると静かな住宅街。
お外のパーティーで飲むワインは美味しかったぁ〜。
ハンバーガーも最高。
コールダーは英語のシャワーを浴びて、明日からのアメリカへのいい予行演習でした。

次回は…アルコラからの画像をなるべく毎日アップしたいと思います。
では行って来ま〜す。

ここをクリックして責任感じて、アルコラからのアップデートも頑張れそう?!(笑)

投稿者名:akiko(08:00)2 コメント

【ラガディメニア】事務局(株)BEPコミュニケーションズ・グループ
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5-308
このサイトはラガディ・アン&アンディ版権管理元ユナイテッドメディア(株)の許諾を得て運営しています。
© Simon & Schuster, Inc. Licensed by Cosmo Merchandising. Raggedy Ann and Andy and associated characters are trademarks of Simon & Schuster, Inc.

Powered by WordPress